エンカウンター3D

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

世界最先端の映像技術であるデジタル3DとCGI(コンピュータ・グラフィックス・イメージ)が創り出す驚異の世界を、コメディアンを狂言回しにヴァラエティ色豊かに紹介する3D映画。監督・製作総指揮はベン・スタッセン。脚本はカート・フレイ。製作はシャーロット・ヒギンズ。音楽はルイス・ヴィンク。美術はアンソニー・ウェルタ。出演はテレビのコメディアンのスチュアート・パンキン、テレビのホラー映画紹介番組のホストで有名なエルヴァイラほか。日本語版の製作総指揮&吹き替えはお茶の間でおなじみの爆笑問題が担当。

1999年製作/40分/アメリカ・カナダ合作
原題:Encounter in the Third Demension
配給:フィルミック・ヴィンヤード

ストーリー

立体映像の歴史と未来を探究する3D技術研究所の実験室。変わり者の博士(スチュアート・パンキン)が未来型3D映画の説明を始めるが、やることなすことボケまくりの彼は助手の機械ロボットのマックスにツッコミを入れられるばかり。憧れの美女工ルヴァイラ(本人)の再生実験も見事失敗した。気を取り直した博士はリュミエールの「列車の到着」の3D版から本物を取り出したりして3D映画の歴史をひとくさり講釈。やがて、ジェットコースター式シュミレーション体験ランド、人類未到の地球内部への旅が始まり、興奮はいやがおうにも高まっていく……。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

ユーザーレビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る