陽炎IV
ホーム > 作品情報 > 映画「陽炎IV」
メニュー

陽炎IV

劇場公開日

解説

昭和初期の土佐を舞台に、二組の対立するヤクザの抗争に巻き込まれた女胴師の活躍を描く、任侠活劇のシリーズ第4弾。監督は「子連れ狼 その小さき手に」の井上昭。脚本は、橋本以蔵による原案を基に、「陽炎3」の田村恵が執筆。撮影を「卍舞III」の宮島正弘が担当している。主演は「陽炎3」の高島礼子。スーパー16ミリからのブローアップ。

ストーリー

昭和初期。遠州の賭場でいかさまをして殺された青年・柾夫の遺骨を生家に届ける為、土佐を訪れた女胴師・不知火おりんこと城島りんは、ひょんなことから知り合った永田組の組員・孝太郎の紹介で、永田組に身を寄せることになる。恒例の花会を控えていた永田組には乱れ牡丹の怜子が泊まっていた。姉を遊郭に売った女衒に復讐を誓い、菊唐獅子の入れ墨を背負った男を探して全国を渡り歩いている彼女もまた胴師。りんは、花会の胴師の座を巡って怜子と勝負することになり、その座を射止める。ところで、永田組は街の勢力を二分する松岡組と敵対関係にあ...

スタッフ

監督
脚本
田村恵
原案
橋本以蔵
プロデューサー
西村雅樹
撮影
宮島正弘
美術
西岡義信
音楽
栗山和樹
録音
生水俊行
整音
木村基継
音響効果
上床隆幸
藤原誠
浦畑将
照明
中岡源権
編集
谷口登司夫
衣裳
木田文雄
鈴木美佐子
助監督
小笠原佳文
スクリプター
松田亜子
スチール
荒川大介

キャスト

作品データ

製作年 1998年
製作国 日本
配給 松竹
上映時間 89分

提供:株式会社キネマ旬報社

Amazonプライムビデオで関連作を見る

30日間無料トライアル 月額400円で映画見放題

RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語 隠し剣 鬼の爪 日輪の遺産 犬と私の10の約束
RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語 隠し剣 鬼の爪 日輪の遺産 犬と私の10の約束
  • Powered by Amazon
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

映画ニュースアクセスランキング

映画ニュースアクセスランキングをもっと見る
Jobnavi