ワイルド バンチ オリジナル・ディレクターズ・カット

劇場公開日

41%
35%
24%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

過激にして鮮烈な暴力描写で知られる名匠サム・ペキンパーの代表作にして、アメリカ映画史に新たな地平を切り拓いた映画「ワイルドバンチ」の監督編集版。脚本はワロン・グリーン。撮影は名手ルシエン・バラード。音楽はジェリー・フィールディング。出演は「サンセット大通り」「慕情」のウィリアム・ホールデン、「浜辺の女」「ダラスの熱い日」のロバート・ライアン、「マーティ」「北国の帝王」のアーネスト・ボーグナインほか。96年東京ファンタスティック映画祭でも特別上映された。

1969年製作/145分/アメリカ
原題:The Wild Bunch
配給:ケイブルホーグ

ストーリー

1913年、テキサスとの国境の町。パイク(ウィリアム・ホールデン)をリーダーに、ダッチ(アーネスト・ボーグナイン)ら5人組は鉄道の駅舎で、突如、物騒な強盗作業を開始。まんまと事を運んだかにみえたが、鉄道会社の経営者が雇った3人の腕ききガンマンたちに逆襲されて大混乱。こちらのリーダーは仮釈放中のソーントン(ロバート・ライアン)である。パイクたちが再び集まったのは老ガンマンのサイクス(エドモンド・オブライエン)の牧場だった。そしてサイクスも仲間に割り込んできた。再び旅が始まった。ソーントンとバウンティハンターたちが追う。1ヵ月以内にパイク一味を捕まえればソーントンの罪は帳消しになるのだ。やがてパイク一味はメキシコ人の小さな村にたどり着く。そこは一味の1人、エンジェルの故郷だ。だがエンジェルの恋人テレサが、マパッチをリーダーとする野盗の群れに掠われた。一味は彼を追って、さらに奥地へ。だがパイクもマパッチも、悪党であることに変わりはない。やっとのことで追いつき、商談らしきものが成立したが、そこは双方だまし合い。あげくの果てに悪と悪との壮烈な戦いとなり、すべてが死に絶えるというさま。そこへソーントンの一行がやって来た。死体をめぐって仲間割れ。ソーントンだけが生き残った。だが、そこへ現れたのが、サイクス老人だ。彼はパイク一味の仲間入りしたにもかかわらず同行せず、すべてが死んだ後に1人でやって来て、原住民と商取り引きを始めた。金のないソーントンなど手を出すすべもない。悪の中でも最高の悪が勝った開拓時代の1エピソードである。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

映画レビュー

3.0痛そう・・・

2020年12月27日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

どの時代でも、どの国でも将軍みたいな人は残忍な要素を持っているが、車で裏切り者のメキシコ人を引きずり、それを平然とみている女性は何なんだろうと思ってしまいました。

橋を爆破し、馬ごと川に落ちるシーンはケガなかったのかな?

車で人を引きずったり、馬から落ちて崖を転げる所なんかも痛そう・・

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
タクロー

3.5さあ!行くか。いいぜ!

2020年11月23日
iPhoneアプリから投稿

仲間を取り戻すために
最後に女抱いて
兄弟は、金もはらわない。
ボーグナインは、外で待ってる。
4人が並んで行進だ!
悲しいバラードがBGMだ!
そして
伝説のガンアクション
ボロボロになりながら
最後のガンマンは、踊る!
そして、祭りは、去り
かつての仲間はパイクのコルトSAAをそっとぬく。
さあ
もうひと暴れするか!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
大阪ぶたまん

5.0ペキンパー監督の才能が大爆発した哀愁の大傑作

2019年8月8日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

楽しい

興奮

長らくハリウッドから干されていたサム・ペキンパー監督のハリウッドカムバック作であり監督映画第4作目。すごく久々に鑑賞。

これまでハリウッドから干されてきた鬱憤を晴らすかの如く、監督4作目にしてようやくペキンパー監督の才能が大爆発する。とにかくセンスが抜群。ヒリヒリした雰囲気のオープニングからグッと心を掴まれた。スローモーションを多用したアクションシーンも流石といった感じ。伝説的なクライマックスの銃撃戦は圧巻の一言。

内容も文句なしに面白い。時代に取り残された漢たちへの哀愁の挽歌とも言えるような内容。アウトロー達の哀愁漂う生き様がなんとも切ない。そして出てくるキャラクター達の独立した個性がどれも素晴らしかった。

ペキンパー監督らしい抜群のセンスと漢の哀愁が燃えたぎる大傑作だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
バンデラス

5.0男の意地、友情、哀愁…見たいものは全てここにあった

柴左近さん
2016年9月27日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

悲しい

興奮

男の意地、友情、哀愁…見たいものは全てここにあった

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
柴左近
すべての映画レビューを見る(全5件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「ワイルド バンチ オリジナル・ディレクターズ・カット」以外にこんな作品をCheck-inしています。