ワイルド バンチ オリジナル・ディレクターズ・カット

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
43%
36%
21%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

過激にして鮮烈な暴力描写で知られる名匠サム・ペキンパーの代表作にして、アメリカ映画史に新たな地平を切り拓いた映画「ワイルドバンチ」の監督編集版。脚本はワロン・グリーン。撮影は名手ルシエン・バラード。音楽はジェリー・フィールディング。出演は「サンセット大通り」「慕情」のウィリアム・ホールデン、「浜辺の女」「ダラスの熱い日」のロバート・ライアン、「マーティ」「北国の帝王」のアーネスト・ボーグナインほか。96年東京ファンタスティック映画祭でも特別上映された。

1969年製作/145分/アメリカ
原題:The Wild Bunch
配給:ケイブルホーグ

ストーリー

1913年、テキサスとの国境の町。パイク(ウィリアム・ホールデン)をリーダーに、ダッチ(アーネスト・ボーグナイン)ら5人組は鉄道の駅舎で、突如、物騒な強盗作業を開始。まんまと事を運んだかにみえたが、鉄道会社の経営者が雇った3人の腕ききガンマンたちに逆襲されて大混乱。こちらのリーダーは仮釈放中のソーントン(ロバート・ライアン)である。パイクたちが再び集まったのは老ガンマンのサイクス(エドモンド・オブライエン)の牧場だった。そしてサイクスも仲間に割り込んできた。再び旅が始まった。ソーントンとバウンティハンターたちが追う。1ヵ月以内にパイク一味を捕まえればソーントンの罪は帳消しになるのだ。やがてパイク一味はメキシコ人の小さな村にたどり着く。そこは一味の1人、エンジェルの故郷だ。だがエンジェルの恋人テレサが、マパッチをリーダーとする野盗の群れに掠われた。一味は彼を追って、さらに奥地へ。だがパイクもマパッチも、悪党であることに変わりはない。やっとのことで追いつき、商談らしきものが成立したが、そこは双方だまし合い。あげくの果てに悪と悪との壮烈な戦いとなり、すべてが死に絶えるというさま。そこへソーントンの一行がやって来た。死体をめぐって仲間割れ。ソーントンだけが生き残った。だが、そこへ現れたのが、サイクス老人だ。彼はパイク一味の仲間入りしたにもかかわらず同行せず、すべてが死んだ後に1人でやって来て、原住民と商取り引きを始めた。金のないソーントンなど手を出すすべもない。悪の中でも最高の悪が勝った開拓時代の1エピソードである。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

5.0ペキンパー監督の才能が大爆発した哀愁の大傑作

2019年8月8日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

楽しい

興奮

長らくハリウッドから干されていたサム・ペキンパー監督のハリウッドカムバック作であり監督映画第4作目。すごく久々に鑑賞。

これまでハリウッドから干されてきた鬱憤を晴らすかの如く、監督4作目にしてようやくペキンパー監督の才能が大爆発する。とにかくセンスが抜群。ヒリヒリした雰囲気のオープニングからグッと心を掴まれた。スローモーションを多用したアクションシーンも流石といった感じ。伝説的なクライマックスの銃撃戦は圧巻の一言。

内容も文句なしに面白い。時代に取り残された漢たちへの哀愁の挽歌とも言えるような内容。アウトロー達の哀愁漂う生き様がなんとも切ない。そして出てくるキャラクター達の独立した個性がどれも素晴らしかった。

ペキンパー監督らしい抜群のセンスと漢の哀愁が燃えたぎる大傑作だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
アントキのバンデラス

5.0男の意地、友情、哀愁…見たいものは全てここにあった

柴左近さん
2016年9月27日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

悲しい

興奮

男の意地、友情、哀愁…見たいものは全てここにあった

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
柴左近

4.5スローモーションで見応え抜群!

2015年4月5日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

いやぁ…いちいちセンスが良いです!特に冒頭の銃撃戦で、撃たれた人が落馬するとき、一瞬ですが主観映像になるところですね。死ぬ直前に目にした光景を観客に見せるところに、ペキンパー監督の作風が表れている気がします。
そして随所に登場する"子ども"の映像。なぜこんなにも"子ども"を写しているのか疑問でした。しかし実はテーマを理解するにあたって、とても重要なものだということに気がつきました。もう先が長くない強盗団の男たち。彼らは"時代"というもう一つの追手から逃れようとしています。その"時代"の象徴が"子ども"なのではないでしょうか。彼らがもはや過去のものだということを、より象徴的に描くための手法だと考えています。
それにしても、列車を襲う場面や橋を爆破するシーンは本当に見応えがあります。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ハットコック
すべての映画レビューを見る(全3件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「ワイルド バンチ オリジナル・ディレクターズ・カット」以外にこんな作品をCheck-inしています。