ハスラー・ホワイト

劇場公開日

0%
0%
0%
0%
100%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ひとりのハスラー(男娼)のビザールな日常をドキュメンタリータッチで描いた一編。監督・脚本・美術は「スーパー81/2」のブルース・ラ・ブルース(出演も)とリック・カストロの共同。製作はブルースと「スーパー8 1/2」のユルゲン・ブリューニンク。撮影はジェームズ・カーマン。編集はライダー・シフロン。出演はトニー・ウォードほか。

1996年製作/80分/カナダ・ドイツ・日本・アメリカ合作
原題:Hustler White
配給:スタンス・カンパニー

ストーリー

ロサンゼルスに降り立ったジャーナリストのユルゲン・アンガー(ブルース・ラ・ブルース)はハリウッドのゲイ・シーンの取材を始める。ハスラーのモンティ(トニー・ウォード)は客の財布を盗んで車で逃げ出す。その車が通りかかったハスラーのエイジルを轢く。そのまま逃走したモンティは血の付いたボディーをTシャツで拭いた。サンタモニカを車で流すユルゲンはモンティに一目惚れする。ある日、ゲイポルノの撮影現場でユルゲンはモンティを見かけるが、現場の混乱で再びモンティを見失う。取材を続けるうちにユルゲンはモンティに取材協力を要請する。取材を終えて、ユルゲンはモンティを豪邸に招待するが、彼はジャグジーで足を滑らせて死んでしまう。ユルゲンはモンティの死体を海に流そうとする。奇蹟が起きた。生き返るモンティ。二人はこれからの人生を共に歩もうと誓い合うのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

映画レビュー

ユーザーレビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く