エイトマン ロボット007/光線銃レーサー

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

平井和正作、桑田次郎画の漫画を原作としたテレビアニメーションの劇場用編集版。「まんが大行進」の一編として上映された。

1964年製作/46分/日本
配給:東映

ストーリー

〔ロボット007〕国のスパイが、エイトマンより大きく、力の強いロボット007を連れて現われた。007は、エイトマンをある国に連れ戻すために来たという。谷博士から、自分が某国の戦略武器として作られたことを聞かされたエイトマンは、正義のために起ちあがり、007を撃退するのだった。 〔光線銃レーサー〕光線銃レーサーを使って、銀行破りを働くギャング団が現われた。この調査にあたった東探偵(エイトマン)は、銃の出所は、女流博士水沢ゆかりであることを知った。ゆかりは、子供の時、スパイ団のミューラーに父を殺され、その仇をうつために、ミューラーと会わせてくれることを条件に、ギャングの首領ゴーガンに銃を手渡したのだった。だがゴーガンはゆかりを裏切った。ミューラーに殺される寸前、ゆかりはエイトマンに助けられた。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

映画レビュー

ユーザーレビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る