浮かれ三度笠

劇場公開日

0%
0%
0%
0%
100%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「鳴門の花嫁」の共同執筆者・松村正温の脚本を、「濡れ髪三度笠」の田中徳三が監督した明朗時代劇。撮影担当も同じく「濡れ髪三度笠」の武田千吉郎。

1959年製作/171分/日本
原題:Princess says,"No"

ストーリー

尾張大納言宗春に、不穏な動きがあった。将軍職を吉宗と争って負けたから。吉宗は越前守の進言で、甥の松平与一郎と宗春の息女菊姫を縁組させようとした。与一郎は名うての道楽者で、ふ抜けといわれる。だから菊姫は承知しない。老家臣はお家の安泰のための唯一の道と姫を説いた。彼が何者かに斬られ、菊姫に預けたものは、宗春に加担を約した諸大名の連判状だった。菊姫は腰元渚をつれ、父の暴挙をとめようと、江戸屋敷を発った。姫を内密に探す役が、渚の恋人、楠見兵馬に命ぜられた。--越前守は菊姫からの連判状奪取を、黒手組の赤座らと、ふくろう組の権藤ら二組の隠密に命じた。箱根で、兵馬はやらずの与三郎という陽気な旅鴉と道連れになり、意気投合した。出会った女やくざお吉が与三郎に惚れた。兵馬と別れた彼は、ふくろう組に追われた菊姫らを逃がしてやった。吉原の宿で、偽名がもとで菊姫は江戸の豪商の娘として扱われた。黒手組のにせ芸人一行とドンチャン騒ぎ。同宿だった兵馬が姫に出会い、使命を話していたのが、黒手組の耳に入った。ふくろう組も襲ってきて、兵馬は必死に奮戦した。与三郎が現れ、彼を助けたが、その間に連判状がなくなっていた。与三郎の予想はあたり、連判状はお吉が持っていた。黒手組の隠密だ。彼の色仕掛で、たやすく元へ戻った。菊姫は彼に譲られ、名古屋へ着いた。いつか慕っていた。家老榊原は姫を宗春に会わせなかった。江戸へ送かんしようとした。城下はずれで、銃声を合図に姫は篭から抜け出、兵馬の馬で、鷹狩りに出ていた宗春のもとに駈けつけた。父は姫の説得に耳を貸さなかった。--黒手組とふくろう組は宗春の陰謀の証拠を固めていた。与三郎が赤座と権藤を倒した故か、お吉は裏切者として消された。兵馬の一徹さに負け、与三郎は連判状を返してやったが、菊姫らが必死に父を説いている時にどこからか現れ、ついに宗春を説得し、愚挙をやめさせたのだ。菊姫は意気揚々と江戸へ帰ったが、松平与一郎との縁談が待っていた。見合いの時、姫は狂気を装ったのだが、現れた相手はなんとやらずの与三郎だった。《意地悪!》姫は彼の胸に倒れこんだ。それを兵馬と渚がうれしそうに見守っていた。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

ユーザーレビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「浮かれ三度笠」以外にこんな作品をCheck-inしています。