悪魔と拳銃

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

実在した犯罪を、オール・ロケで再現しようというドキュメント風な犯罪映画。脚本・西沢治、監督・高見貞衛、撮影・花沢義之。森山周一郎・武藤英司・近衛敏明などが出演している。

あらすじ

銀座に近い真夜中の空地で、一人の男が箱を埋めていた。と、銃声が聞え、隣の事務所の二階から人が落下した。間もなく、鉄ハシゴを降りて来る男は左肩下りの後姿を残して消えた--。殺された村瀬に三十万円払った安藤にはアリバイがあった。だが、この二人が取引していたレストランには、矢田という男がいたのを誰も知らない。矢田の事務所に、梶という男がやって来た。矢田の金庫からコルトを盗み出した野郎を探し出してやるという。箱を埋めていた男、すなわち矢田の金庫からコルトを盗み出した三木が捕えられた。危険を感じた矢田は、梶の手配したモーターボートで、東京湾の孤島へと向った。二人が、上陸すると、左肩を下げた男・下条が現われ、梶に向って一発ぶっ放した。「野郎はサツの犬だぞ」と叫んだ。それを聞いた矢田が、梶にぶつかっていった。そこへ、あらかじめ梶から知らせを受けていた警官隊が、いちはやく駈けつけ矢田と下条を捕縛した。

1959年製作/46分/日本
配給:新東宝

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

ユーザーレビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る