鬼火(1956)

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

吉屋信子の原作を「不良少年(1956)」の共同脚色者の一人菊島隆三が脚色した、怪談味の濃いスリラー・ドラマ。監督は「続へそくり社長」の千葉泰樹、撮影は「不良少年(1956)」の山田一夫。主な出演者は「現代の欲望」の加東大介、中村伸郎、「天国はどこだ」の津島恵子、「恐怖の逃亡」の中田康子、「処刑の部屋」の宮口精二など。

1956年製作/46分/日本
配給:東宝

ストーリー

ガス会社の集金人忠七は仲々の腕っこきだが、どうやら独身を持て余しているようだ。通り過ぎの女に向ける眼も何か異常である。初秋のある日、忠七は、水原という家に集金に行ったが、そこで、女中を手ごめにする主人水原の姿を見てしまった。眼を吊り上げて佇む忠七に、水原の怒声が飛び、会社の上役に告げると脅かされた忠七は惨めな思いで、その家を出た。やがて忠七は、焼跡の一軒家に来た。友人の吉川に、この家の集金は難しいと云われては来たが、荒れ果てた家屋に、忠七は何か薄気味悪さを感じた。応待に一人の女が出て来た。身なりはヨレヨレだが顔立ちは美しかった。溜ったガス代を催促すると、女は、病床に伏す夫修一の薬を煎じるためガスだけは止めないでと哀願した。忠七はその代償に悪党ぶってサービスを要求。その夜、待ちくたびれた忠七の許へ、夜遅くひろ子が訪れた。汚れた着物、やつれ果てた顔に忠七は思わず顔をそむけたがそれでも布団を敷こうと押入をあけかけた。そのとたん女は部屋を飛出して行った。翌日の夕暮、忠七は、腹立ちまぎれに、今日こそはと再び女の家を訪れた。暗い家の中、忠七は思わずギョッとした。土気色になった修一の死体の傍に、ひろ子の首吊死体がぶら下っていた。「勘弁してくれ」と集金鞄も放り出して逃げようとする忠七の前に、青白い鬼火のようなガスコンロの火が燃えていた。それっ切り、忠七の姿は皆の前から消え去った。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「鬼火(1956)」以外にこんな作品をCheck-inしています。