喧嘩駕篭

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

森一製作になる宝塚映画で、「金さん捕物帖 謎の人形師」の高木恒穂の脚本を「お役者小僧」の冬島泰三が監督している。撮影は「地雷火組(1953)」の藤井春美、音楽は「かっぱ六銃士」の河村篤二。出演者は「青春銭形平次」の大谷友右衛門、「坊っちゃん(1953)」の森繁久彌、「誘蛾燈」の八千草薫、「青春ジャズ娘」のトニー谷、「砂絵呪縛(1953)」の香川良介、杉山昌三九など。

1953年製作/78分/日本
配給:東宝

ストーリー

頃は天保、所は江戸。折からドッと起る喧嘩のドヨメキの中で、悪浪人数名を向うに廻して群衆の人気を集めている若衆は、小笠原家の一人娘、男嫌いのじゃじゃ馬姫桔梗だった。小笠原家では恐妻家の父君、お狐様を狂信の母君、家老の久松彦右衛門が、松平家の若君麟太郎と桔梗の縁談をまとめようと協議中。その頃江戸を騒がす怪盗鼠小僧が或夜姫君の寝室に忍び入り、余りの美しさに変な気を起すが、じゃじゃ馬姫に反対に取って押えられる。危い所を新参御召かかえの仲間権平の気転に救われた鼠は“この義理は何時か果すから”と立去った。権平は色の白い美男子の上に腕っぷしが強く、姫君は権平の傍若無人の振舞いを可愛く思う一方、腹も立てていた。腰元八重が権平に夢中なのを見て、遂に姫君の怒り心頭に発し、他の仲間共と共同で権平の寝込みを襲うが、その計画を逸早く知った鼠小僧の注進で待ち構えていた二人に、姫の一行は散々な目に会い顔一面墨を塗られる。折も折、麟太郎君が見合にやってくる事になり、家中一同は大慌て。この騒動の最中にかねて姫君に横恋慕を抱いていた黒木大次郎一味の悪浪人は姫を誘拐する。乗りこんだ麟太郎は実は仲間の権平だった。麟太郎と鼠小僧の活躍で姫君は救われ、麟太郎と姫君は晴れて新婚の旅へ出発した。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

ユーザーレビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く