闇を裂く口笛

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「十代の狼」の原源一の脚本を、「浅草姉妹」の森永健次郎が監督したアクションもの。撮影は「霧笛が俺を呼んでいる」の姫田真佐久が担当した。

1960年製作/56分/日本
原題:Brutal Woman
配給:日活

ストーリー

ヤクザが一人殺された。犯人角太郎の組の会長は角太郎の身替りを探した。乾分の小松は青葉荘にとんだ。アパートの一室には清と新一という、二人の貧しい学生がいた。清はヤクザ同様に、新一は血を売ってくらしていた。部屋の前では親戚の娘道子が清を待っていた。清の故郷は人造湖の底に沈み、立退料をもらった老母たきが遺産相続につき清に会いたがっている、というのだった。たきが盲目であること、道子は清の顔を知らないことを聞いた小松は喜んだ。会長に呼ばれた清は、シマを分けてもらうことを条件に犯人の身替りになることを引き受けた。驚いた新一は清を返して貰いに会長を訪ねた。会長は新一を脅迫して、刑務所に入る清の身替りにたきを訪ねさせた。新一、角太郎、道子は村に着いた。偽の清を迎えて家は明るくなった。角太郎も大切にもてなされた。始めは喜んだたきも、うちとけない息子の態度に疑念を抱いた。あせった角太郎はある夜、新一に遺産を盗み出すよう脅迫した。残忍な角太郎の命令で新一が札束を取り出そうとした瞬間、たきが目を覚ました。新一は自分が清でないことを白状した。ピストルを掴んだ角太郎にたきは組みついた。逃げ出した新一の前に、留置場を破ってたきに会いに来たという清が立ちふさがった。銃声がした。二人が家にとび込むと、角太郎が倒れていた。跡をつけて来た刑事に、清は自分の犯行だと言った。連れ去られる清の口笛をきいて、たきは清が小さい時家を出たきりになっていた息子であることを知った。角太郎を殺したのはたきだった。しかし、清には老母の叫びはとどかなかった。朝の風に紙幣が一枚、また一枚、と散っていった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

ユーザーレビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く