砂漠を渡る太陽

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

斎木和夫の「砂漠都市」を「男対男」のコンビ池田一朗と小川英が脚色し、「第三の疑惑」の佐伯清が監督したもので、終戦間近い満州を舞台にしたドラマ。撮影は「警視庁物語 血液型の秘密 聞き込み」の三村明。鶴田浩二の東映入社第一回作品。

1960年製作/96分/日本
配給:東映

ストーリー

昭和二十年七月、熱河砂漠の真只中にある平邑という街。ここにただ一人の日本人である曽田という青年医師が住んでいた。彼は阿片中毒の患者たちの治療に精根を傾けていた。ある日娼婦の馬華香を、奉天の有力者元井社長の協力によって救った。華香は看護婦として曽田の許に住みこむことになった。平邑に流れてきた旅人、露人ロスキーが発病した。彼を診察した曽田は、そこで石田と名のる日本人に対面した。石田とは、日本人馬賊石上静山であった。これを見破っていたのは、やはり馬賊の、日本人を増悪する黄だった。平邑に、突然伝染病が発生した。ロスキーの病気がそれだった。曽田は街の封鎖を指令した。が、旅人相手の街にとって封鎖は死活問題である。曽田と黄とは丘の上で格闘した。黄は敗けたが、不思議に曽田に友情を感じた。疫病は蔓延した。曽田は奉天の元井社長に予防薬を依頼した。伝染病は予防薬のおかげで下火になった。ある日突然、日本軍の憲兵隊が街へのりこんだ。先頭にいるのは、元井社長、実は元井特務機関。黄らが捕えられた。同胞の正体を知った曽田は、激しくゆらぐ心を静山にとめられた。静山と元井は二十年来の仇敵同士で、軍部に反抗する静山は、政府の財宝を横領して逃亡中だったのだ。--ソ連参戦の報がとんだ。静山は疫病で死んだ。元井は平邑を去った。その行く手に、馬賊の一隊が待ちかまえているのも知らずに。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る