地獄(1960)のレビュー・感想・評価

メニュー

地獄(1960)

劇場公開日 1960年8月5日
2件を表示 映画レビューを書く

これはまいった

新東宝という会社でいわば定番になっていたゲテモノ路線に怪奇趣向を取り入れた一本、という前置きはいいとして、これは公開時どういう受け止め方をされたのだろうか。

若き天知茂がひたすら翻弄され地獄めぐりをする様を見せられるのだが、監督中川信夫の毒々しさがてんこ盛り。邦画のアングラ集大成ともいえそう。十二分なエログロ指向も。白眉なのが悪魔的な田村というキャラ。登場の仕方や存在感にスタイルがある。あとドンチャン騒ぎシーンに見られたカメラワークと編集には唸った。

しかしながら地獄のカオスには脈絡さは無くアングラ見てるなぁという感想で終わりでした。ラストの奇妙な明るさは面白いけれど。

散歩男
散歩男さん / 2017年10月6日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  怖い
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

オーソドックスな地獄

主人公(天知茂)は邪悪な男に付きまとわれ、ひき逃げに同乗、恋人(三ツ矢歌子)と共に自首しようとしたところ、事故にあい恋人は死んでしまう。
「ハハキトク」の電報が着て故郷に帰るが・・・。
新東宝の映画で、監督は中川信夫。

いやよセブン
いやよセブンさん / 2017年7月18日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  悲しい 怖い
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

2件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi