二発目は地獄行きだぜ

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「口笛が流れる港町」の松浦健郎の脚本を、「百万両五十三次」の小沢茂弘が監督したアクション・ドラマ。「べらんめえ芸者」の西川庄衛が撮影した。

1960年製作/90分/日本
配給:東映

ストーリー

北国の港町。暴れ牛のツノ吉とキッドの謙は、ハデな立廻りのすえ、土地のやくざ川勝組の子分どもをたたきつけた。彼らは九州マンジ組の子分だった。前社長の仙羽が麻薬取引の帰途、何者かに射殺された時、その場に居合せた。事件のほとぼりが冷めるまでとワラジをはき、この町に流れてきたのだ。仕返しに来た川勝組との間に入り、腕と度胸を見せたのは、月の輪の熊次という暴れ者だった。自から、指名中の兇悪犯と称する彼にはマキというおきゃんな娘がついていた。ツノ吉たちは彼とすっかり意気投合した。ツノ吉が川勝組の親分を、ライバルに買収されて暗殺したために、熊次は、仇として、川勝組の娘静江と子分竜三に狙われることになった。熊次たちは、ツノ吉にさそわれ、九州へ行った。マンジ組の新社長篠は熊次を見込み、用心棒に雇った。静江たちが追ってきたが、犯人は自分ではないという熊次に竜三は手が出なかった。物陰からツノ吉が竜三を撃った。--篠は西日本の麻薬ルートを独占するため、王という男との取引に、自分の跡目キッドの謙をやらせた。謙は篠の妹の純子と愛し合ってい、彼女と結婚するために足を洗おうと思っていた。王との取引の場に、純子が引き出された。謙の危機を急報しようとして捕えられたのだ。王の一味に竜三がいた。王の情婦波子に救われ、子分になったのだ。篠は謙が裏切ったと思い、撃った。純子をかばって逃げた謙の追跡を熊次は命ぜられた。純子まで殺したと彼は報告した。篠は怒り、ツノ吉に殺害を命じた。篠とツノ吉の悪事を数えたてる熊次の背後に王一味がせまった。熊次が警視庁警部壇原であることが知れたのだ。謙たちはむろん生きていた。そこへ、マキ、実は婦警の佐藤の急報で警官隊が着いた。乱撃戦。王ら悪の一味は捕った。重傷のツノ吉は川勝殺しが自分であると白状した。暗黒街に朝がやってきた。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

ユーザーレビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る