あゝ君が愛

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

曽野綾子の「二つの昇天」を、「神火101・殺しの用心棒」の国弘威雄、中島丈博と「暖流(1966)」の野村芳太郎の三人が共同で脚色し、野村芳太郎が監督したメロドラマ。撮影はコンビの川又昂。

1967年製作/98分/日本
原題:Barren Love
配給:松竹

ストーリー

都内のある国立病院の看護婦若宮友子は、若く美しく評判がよかった。外科医の丹羽もその腕を高くかわれていた。二人が当番だったある夜、交通事故でかつぎ込まれた市来という中年夫婦があった。偶然、友子の姉育子が働いているボクシング・ジムの持主だった。夫婦はその夜のうちに死亡した。丹羽も友子も両親に早く死別していた。同じような境遇から二人の心は、この夜勤以来、デートを重ねるうちに急速に近づいていった。丹羽には、彼の学資を得るためにかつてアメリカ兵のオンリーになっていた姉敏江がいた。彼女は今胸を病んで療養中だった。育子の勤めるジムでは主人の死後、市来の弟直彦がやってきて、夫婦が生前ジムを継がせようとしていた北村を追い出し、ジムを乗っとろうとした。育子は、この計画をはばもうと、ライバル・ジムの会長の小野に協力を求めた。一方、丹羽に求婚され、育子のもとに相談に行った友子は、意外な事実を知らされた。丹羽も婦長らとともに、直彦に買収されているというのだ。友子には信じられなかった。婚約の時の時計まで直彦から?と疑わざるを得なかった。友子が丹羽に質すと、彼は「姉の治療費に困って、悪いこととは知りながら、つい直彦の頼みをきいてしまった。でも貴女への愛情は純粋だ。それは信じてくれ」と告白するのだった。やがて裁判の日となり、丹羽は自分を犠牲にして、育子たちに有利な証言をした。育子と小野の勝訴に終った。だが丹羽は医師の立場から病院にいられなくなり、郷里に帰っていった。姉育子と小野の晴れ晴れとした顔にくらべ、丹羽のいない病院は、友子にとって冷たく、淋しかった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

ユーザーレビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る