放浪記(1962)

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
10%
47%
38%
5%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

東宝が創立三十周年記念映画の一つとして、林芙美子原作から「旅愁の都」の井手俊郎と「女ばかりの夜」の田中澄江が共同で脚色、「女の座」の成瀬巳喜男が監督した文芸もの。撮影もコンビの安本淳。創立30周年記念映画、昭和37年度芸術祭参加作品。

1962年製作/123分/日本
原題:Lonely Lane
配給:東宝

ストーリー

昭和の初期。林ふみ子は行商をしながら、母と駄菓子屋の二階で暮らしていた。彼女が八歳の時から育てられた父は、九州から東京まで金を無心にくるような男だった。隣室に住む律気な印刷工安岡は不幸なふみ子に同情するが、彼女は彼の好意を斥けた。自分を捨てた初恋の男香取のことが忘れられないのだ。母を九州の父のもとへ発たせたふみ子は、カフェー「キリン」の女給になった。彼女の書いた詩を読んで、詩人兼劇作家の伊達は、同人雑誌の仲間に入るようすすめた。まもなく、ふみ子は本郷の伊達の下宿に移ったが彼の収入だけでは生活できず牛めし屋の女中になった。ところが、客扱いのことからクビになったふみ子は、下宿で日夏京子が伊達にあてた手紙を発見した。新劇の女優で詩人の京子は、やがて伊達の下宿へ押しかけてきた。憤然と飛び出したふみ子は、新宿のカフェー「金の星」で働くことにした。その間にふみ子が新聞に発表した詩を高く評価したのは、「太平洋詩人」の福地、白坂、上野山らである。彼らは京子をつれてきて、ふみ子に女同士での出版をすすめ、今は伊達と別れた二人の女は、ふしぎなめぐり合わせの中で手を握り合った。こんなことからふみ子は福地と結婚したものの、貧乏と縁がきれない。ある日、新進作家の村野やす子をつれて、白坂と京子がきた。そして、「女性芸術」でふみ子と京子の詩を選択のうえ、どちらか一篇を掲載すると告げた。安岡が金を持って訪ねてきたことから、福地はふみ子と安岡の仲を邪推した。ふみ子は再び婦らぬ決心で家を出た。その後、ふみ子の力作「放浪記」が「女性芸術」にとりあげられ、彼女は文壇に第一歩を踏み出した。そんなとき、彼女は画家の藤山武士を知った。「放浪記」出版記念会の日ふみ子の眼は感激の涙で濡れていた。林ふみ子という人生をのせた機関車は走り出した……。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

3.0良作ですが人間の本性をえげつなく描いているところは少しキツい。

2020年5月13日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

良作ですが人間の本性をえげつなく描いているところは少しキツい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Mr. Planty

4.0女とは何かと言うことでは、成瀬監督作品に共通するテーマの作品だと思います

あき240さん
2020年5月11日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

成瀬監督作品で林芙美子原作のものは
1951年 めし 原節子
1952年 稲妻 高峰英子
1953年 妻 高峰三枝子
1954年 晩菊 杉村春子
1955年 浮雲 高峰秀子
ときて
1962年の本作となります
しかも林芙美子のデビュー作にして出世作
それを東宝創立30周年記念作品として撮るのだから気合いが入っているのは間違いないでしょう

放浪記は本作公開の前年に森光子主演で芸術座での舞台公演が始まり大ヒットをしています
なんと2009年までの空前絶後のロングランになったのはあまりにも有名です
森光子がでんぐり返りすることで超有名なあれです
そこが最大の見せ場のように言われていますが、本作にはそれはでてきません

本作の製作が決まったのはこの舞台の大成功がきっかけであったのは間違いのないことかと思います

と言うことで、ノンストップの舞台ですから、その舞台俳優を使っては撮影することはできません
音楽の古関裕而だけはスライドしています

では本作の主演女優を誰にするかが問題です
原節子には、このヒロインは逆立ちしてもできはしません
杉村春子は年を取り過ぎです
当然、高峰秀子が主演になるわけです

本作はその高峰秀子の演技の頑張りを楽しむことが目的の映画となっているようなあんばいです

成瀬監督らしさというより、林芙美子の放浪記を忠実に映画化することに力点がおかれてあります
田中絹代もあまり見せ場はないです
成瀬監督には田中絹代へのリスペクトはあってもなんとしても美しく撮りたいという妄執はないので普通におばあさんとしての佇まいで、サンダカン八番娼館の時の姿を予告したものになっています

それでもこの二人をして、女とは何かと言うことを描こうとしていることでは成瀬監督作品に共通するテーマの作品だと思います

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あき240

3.5演技力が良い

2019年11月27日
iPhoneアプリから投稿

森光子の舞台の話しか知らず、物語も知らなかったので、たまたま放送していたので観ました。
今なら流せないような、女性の姿が良かった。
幸せに見えそうでも幸せでない感じの演出が良かった。
最後は成功して大きな家に住んでるところまできたけど、やはり幸せそうに見えない感じが醸し出されてました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
なし

4.0モノクロ映像の光と影が貧しさを効果的に映し出している。眉尻の下がっ...

2019年7月28日
iPhoneアプリから投稿

モノクロ映像の光と影が貧しさを効果的に映し出している。眉尻の下がった高峰秀子の憐れな表情が見事だった。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
tsumu miki
すべての映画レビューを見る(全10件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「放浪記(1962)」以外にこんな作品をCheck-inしています。