ヒロシマのたたかい はだしのゲン PART3のレビュー・感想・評価

ヒロシマのたたかい はだしのゲン PART3

劇場公開日 1980年7月5日
1件を表示 映画レビューを書く

ゲン役の原田潤が歌うラストの曲は凄い!夢に出てきそうな・・・

 桜木健一が一人演技派として頑張っていて、浮いている。というより子供たちの演技が全くなっていないのだ。特に野村という女の子はひどいもんだ。ラスト近くの朴さんのエピソードや予科練での浩二のエピソードが一番良かったかもしれない(『月光の夏』に繋がるような話)。ケーシー高峰やタモリ、赤塚不二夫その他の意外な人が出演していて面白い。

 特にこの第3部に当る部分は独立したエピソードという雰囲気があるので、やはり原作漫画をそのまま映像化している感が否めず、もっと感情移入しやすい映画らしい脚本にしてほしかった。何よりも、この第3部を作る必要性があったのだろうか?

kossykossy
kossykossyさん / 2018年11月18日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

1件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi