ナンバーテンブルース さらばサイゴン

劇場公開日

  • 予告編を見る
ナンバーテンブルース さらばサイゴン
0%
33%
67%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ベトナム戦争末期の1974年12月から75年4月にかけ、戦時下の南ベトナムで長期ロケを敢行して撮影された幻の一作。さまざまな事情で未完成のままとなっていたが、2012年秋に完成。各地の映画祭で上映されて話題を呼び、撮影から40年を経た14年に初の劇場公開が実現。75年の南ベトナム。日本人商社員の杉本俊夫は、なりゆきでベトナム人を殺害してしまう。金に物を言わせた気ままな生活は一変し、殺人者として追われる身となった杉本は次第に暴力と犯罪にまみれていく。やがてベトナムからの脱出を考えた杉本は、恋人のランと、日本人とベトナム人を両親にもつタローを伴い、北を目指すが……。「修羅雪姫」「犬神家の一族」などの脚本家として知られる長田紀生が、自らの脚本でメガホンをとった。

2012年製作/99分/日本
配給:プレサリオ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 封印映像「開封動画」【OSOREZONE先行配信エピソード】
  • ドリームハウス
  • 映画「怪談新耳袋Gメン 冒険編前編」【TBSオンデマンド】
  • 映画「怪談新耳袋Gメン 冒険編後編」【TBSオンデマンド】
  • アルカディア
  • カオス
  • 世にも怪奇な物語
  • 封印映像39
  • 死霊の罠
  • 映画「怪談新耳袋Gメン 復活編」【TBSオンデマンド】
OSOREZONE

Powered by 映画.com

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13

(C)2012 PRESARIO Corp.

映画レビュー

3.0裏舞台は特筆ものだが内容は普通の70年代の日本映画

くりあさん
2013年11月17日
iPhoneアプリから投稿

悲しい

単純

ベトナム戦争末期、南ベトナムでロケを敢行して作られたものの、当時の日本映画界の大手配給にかかれず未公開となり、2012年にフィルムセンターにあることが判明して40年の時を経てついに公開された作品。
サイゴン陥落直前の南ベトナムの映像、当時の情勢を反映した内容と雰囲気がスクリーンから滲み出る。
が、内容と展開が7080年代の破滅型青春映画の域を出ていないようにおもわれる。

個人的には、「俺たちは街に出た。危険だとわかっていたが、ベトナム最後の一日を楽しみたかった」で萎えてそれ以降ひたすらイラついて醒めてしまった。
巻き込まれた破滅から逃げ出すためにもがいてるのに、自分から破滅に近づいて破滅しても何だそりゃとしか思わんからなぁ……。

あと、まわりの人間はVCがベトコンのことだとわかってなかった模様。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
くりあ
すべての映画レビューを見る(全1件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る