暁の翼(1937)

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「地の果てを行く」「戦いの前夜」のアナベラと「或る女」「丘の一本松」のヘンリー・フォンダが主演する総テクニカラー映画。ドン・バーン作の二つの物語を骨子に「ロビンソン・クルーソー」のトム・ジェラティーが脚本を書き、新進ハロルド・シュスターが監督し、「虚栄の市」のレイ・レナハン指揮下にヘンリー・アイマス、ジャック・カーディフが撮影した。助演は「再び戦場へ」のレスリー・バンクス、イギリス映画界古参のスチュワート・ローム、D・J・ウイリアムス、「間諜」のサム・リヴシー等で「我が心の歌」のジョン・マッコーマック、名騎手スティーヴ・ドノヒューが特別出演している。

1937年製作/イギリス
原題:Wings of the Morning

ストーリー

アイルランドのクロンターフ伯爵の領地に住むジプシー団は、或日土地の警察の手入れを食い、団長マイリキの娘マリーは伯爵の屋敷へ逃げ込んだ。これが縁となって彼女は伯爵と結婚した。それは一八八九年の事であっが、ジプシーの占者が予言した様に多幸であるべき結婚は僅か五ケ月で、伯爵は落馬が原因でこの世を去った。占者はその上この結婚によって凶事が三代に亙って続くであろうと予言した。伯爵の死後はマリーは親戚から白眼視されたので、彼女は再びジプシーの群れに帰り、かくて幾星霜は過ぎ去った。田舎に隠退した彼女は「暁の翼」と名付ける駿馬を愛し、これをダービーに出場させ、その勝利によって得た賞金を愛孫マリーへの結婚の贈物にしようとした。そして「暁の翼」を若いケリイに頼んで調教して貰うことになった。彼は何時しか美しいマリーを恋する様になったが、彼女にはスペイン貴族の婚約者があって、ケリイと彼女の仲を心配して遥々とイギリスへやって来たので、これを知ったケリイの失望は大きかったが、彼は約束を守って「暁の翼」の調教を続けた。ケリイは当時イギリス一と言われたドノヒュウを騎手に選び、首尾よくダービーで優勝の栄冠を得た。所が賞金を與える段になって馬の持主として登録されたビアンチニ夫人の生存に疑いを生じ、賞金の行方が怪しくなって来た。するとマリーよりも金が目的だったスペイン貴族ドン・ディエゴは婚約解消を申し出て其の場を去った。するとそこへジプシーの一団がビアンチニ夫人であるマリーの祖母を馬車に乗せて連れて来たので、審判官は無事に賞金をマリーに渡した。彼女は今になってはっきりとケリイの愛情に打たれ、彼と結婚する事になった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る