私の太陽

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「花咲く頃」と同じくポール・L・スタインが監督に当たったリヒャルト・タウバー主演映画で、リオニ・ピッカードの原作をブルーノ・フランク、L・デュ・ガード・ピーチ、ロジャー・バーフォード、ジャック・デイヴィス・ジュニアの四氏が協力脚色したもの。歌曲は特にタウバー氏が書いたもので、編曲は「花咲く頃」のG・H・クラッサムが当たった。撮影担当はジョン・C・コックスである。助演者は新顔のレオノラ・コーベット、キャスリーン・ケリー、「花咲く頃」のポール・グレーツ、「暗殺者の家」のフランク・ヴォスパー、「ドン・ファン」のダイアナ・ナピア、カール・ハーボード等の面々である。

1935年製作/82分/イギリス
原題:Heart's Desire

ストーリー

ロンドンの興行師グランヴィルは、来シーズン上演するオペラの新スターを発見する為、妹のフランセスを欧州大陸へ旅立たせた。フランセスは作曲家オリヴァーと一緒に大陸を隈なく探し廻ったが遂にこれと云う新人も発見できなかった。或る夜ウィーン郊外の旗亭でヨゼフ・シュタイドラーというテナーを聞いて、フランセスはオリヴァーの反対を押し切り彼と契約を提言したが、意外にも即座に拒絶されてしまう。しかしシュタイドラーの友人フロリアンの計らいで交渉は翌日に持ち越されたので、その間にフロリアンは色々彼を説いたが、シュタイドラーと伴奏をしている妹のアンナは、どうしてもウィーンを去らぬと云い張った。そこでフロリアンは先ずアンナを口説き落として遂に彼の契約を完了し、彼はロンドンへ出発する。グランヴィルは始め妹が田舎者を連れて来たのに腹を立てたが、シュタイドラーの歌を聴くや大変乗り気となって試聴会を催す事になる。このデヴューで心中秘かにフランセスを恋するシュタイドラーは、一意彼女の為に唄って大成功を納め、いよいよ彼を主役として「ヴェネチャの月」が上演される事になった。しかしオリヴァーとフランセスが余り親密なのを見てシュタイドラーは意気を失うが、彼女は二人の間に何も無いと云って彼を鞭撻した。興行は果たして大成功であった。ところが二幕目にオリヴァーはフランセスとの婚約を発表した。彼は前からこの興行が成功したら二人は結婚すると許しを得ていたのである。シュタイドラーは希望を失って後を続ける勇気もなくなったが漸くフランセスに鼓舞されて終わりまで唄い続けた。劇場の内はしばし拍手も鳴り止まぬ熱狂振りであったが、フランセスを失ったシュタイドラーにとってロンドンはもはや悲しみの牢獄に過ぎなかった。彼は凡ての契約を棄ててウィーンへ帰った。そこでは昔なつかしい人々が彼を待っている。妹のアンナが待っている。こうして彼は再びウィーンの人々と声を合わせて歌うのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く