成金

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

S・スツルム氏、M・オルトマン氏、ハンス・ベイレント氏の原案を、リヒャルト・アイヒベルク氏が監督したもので、主役は「カリガリ博士」「オセロ(1922)」「快傑ダントン」等出演のヴェルナー・クラウス氏及びオーストリー生れの新花形リー・パリー嬢の二人で、その他ハリー・ハルト氏、ハンス・アルバース氏、英国生れのヴィヴィアン・ギブソン嬢等が共演する。無声。

1923年製作/ドイツ
原題:Miss Raffke Fraulein Raffke

ストーリー

独力で巨万の富を成したグルッパーの愛娘リーは、書記のパウル・グルーネと相思の仲で、父からゲルデルン伯爵との結婚を迫られたとき、二人は逃れて結婚してしまう。パウルは金主を得て商売を始めたが、その金はグルッパーから出ていたので、二人が喧嘩した時取上げられ、困難辛苦の三年後、彼は神経衰弱に苦しめられていた。伯爵はリーに説き父の署名を偽造させてその証書で金を貸したが、パウルはそれに手を着けず家出する。その後リーは子供と共に父の家に引取られていたがパウルが帰ってきたので父を慕った子供は雨を冐して父の許へ行く。伯爵は情婦タチヤーナに殺され、リーは子供が病気になったと聞いて急いでパウルの許へ馳け付け、親子三人相抱いて喜ぶ。父母も来て今迄の金銭万能主義よりも親子夫婦の愛情の尊さを悟る事が出来た。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る