暗黒街の天使

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「真珠」「雷雲」などと同じくエミリオ・フェルナンデス(監督・脚色)とガブリエル・フィゲロア(撮影)のコンビによる一九四八年作品で、原作は「雷雲」の潤色を担当したマウリシオ・マグダレーノ。音楽は「雷雲」のアントニオ・ディアス・コンデである。出演者はマルガ・ロペス以下ミゲル・インクラン、ルドルフ・アコスタ、ミミ・デルバら。

1948年製作/メキシコ
原題:Salon Mexico
配給:欧米映画

ストーリー

安キャバレエ「サロン・メキシコ」で踊っているメルセデス(M・ロペス)は妹の学費を稼ぐためパコ(R・アコスタ)と組んでダンス・コンテストに出たが、賞金をパコが取ってしまったので、発作的にその枕許から五百ペソを盗み取った。それをみていた巡査ルペ(M・インクラン)は彼女を愛していたので検挙せず、ひそかに善導しようとした。しかしパコはこの弱点につけこみ、五百ペソ返さなければ、仕事の片棒をかついた上二人で同棲しようとメルセデスに言い寄った。一方彼女の妹は航空中尉のロベルトと相愛の仲になっていたが、彼は愛人の姉が街の女だとは知らなかった。クリスマス・イヴ、警察を脱走して来たパコはメルセデスに高飛びを迫り、承知しなければ妹の愛人に身の上をバラすと脅した。彼女は思わず刃物を振上げたが、早くもパコの一弾は彼女を倒した。姉の犠牲によって妹が幸福をつかんだ頃、「サロン・メキシコ」にはいつもと同じ喧騒があった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く