マドモアゼル(1966)

劇場公開日

0%
55%
45%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

異色の作家ジャン・ジュネが、映画のために初めて書いたストーリーを「雨のしのび逢い」のマルグリット・デュラスが脚本、「トム・ジョーンズの華麗な冒険」のトニー・リチャードソンが監督した。撮影は「ナック」のデイヴィッド・ワトキンで、音楽は一切使われていない。出演は「ビバ!マリア」のジャンヌ・モロー、イタリアの活劇スターで、本格的ドラマへの主演はこれが初めてというエットレ・マンニほか。製作は「ナック」のオスカー・リュウェンスティン。

1966年製作/100分/イギリス・フランス合作
原題:Summer Fires
配給:UA

ストーリー

フランス中央部の小さな村にマドモアゼル(J・モロー)と呼ばれる女教師がいた。彼女はオールド・ミスだったが、村民の厚い尊敬を受けていた。その頃、村にイタリア人マヌー(E・マンニ)が息子のブルーノ、友人のアントーニオをつれて出稼ぎに来ていた。マヌーの野性的な魅力が村の女たちの目を惹いたのは言うまでもない。しかし、彼が来てからというもの、村では水門が破られたり、原因不明の火事がおきたりで、村人たちは、よそ者の彼が犯人ではないかときめつけていた。村で災難が起るたびに、半裸でかいがいしく働くマヌー。そんな彼を、マダモアゼルはいつも遠くから見続けていた。マダモアゼル--この神秘な美しさを持つ女の秘密を知る人は誰もいなかった。彼女こそ、すべての災難の犯人だったのだ。夜になると厚化粧に身をやつし、凝ったデザインをほどこしたマッチを持ち、ひそかに農家へ放火しにいく女。そんな彼女の正体を見破ったのは教え子のブルーノたった。しかし、マドモアゼルに、あこがれに近い恋心を抱く、この少年は何も語らなかった。マドモアゼルは、マヌーが木こりとして働く森によく散歩に行き、道で彼に出会うことも、しばしばだった。そして彼女は欲望を自制しようとすればするほど、マヌーの肉体を求めるのだった。彼女が毒薬を入れた池の水を飲んで家畜が全滅した日、村人たちの怒りは爆発し、犯人と目したマヌーを捕えることにした。その頃マドモアゼルは森でマヌーと逢っていた。野性の女と化したマドモアゼルは、夜がしらむ頃までマヌーの肉体を求め、朝になって、引き裂かれ泥によごれた衣服のままで村に帰って来た。驚く村人たちの質問に彼女は、マヌーに暴行されたと語った。そしてマヌーは村人のリンチでなぶり殺された。悪夢のような夏がすぎ去る頃、マドモアゼルは、おしまれながら村を去った。だが、彼女の正体を知っているブルーノだけが、彼女の後姿に、ツバを吐きかけるのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

映画レビュー

4.0ジャンヌ・モローのへの字口

2019年5月20日
Androidアプリから投稿

実(げ)に恐ろしきは女性(にょしょう)なり。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
もーさん

2.5マダムじゃない

ミカさん
2017年1月5日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

マダムじゃなくて、マドモアゼル。なんか、このタイトルがイヤな感じです。

主人公を満たされない陰湿なマドモアゼルにしたところが、(しかもお嬢さんという年齢でもない)とても男性的な作品だなと思いました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ミカ

3.5意外と馬が不気味です

2014年7月9日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

怖い

今話題の『トラウマ映画』という事でレンタルしました。

パッケージの、男を見上げるヒロインの美しさに対して、物語に出てきたのは、ちょっと顔の角張ったオバサン!

これって一昔前にAV業界でよくあった『パッケージ詐欺』だよね?と思ったら、

このマドモアゼル!
どんどん綺麗になってくんですね~( ̄0 ̄;

と、書くと『冴えない中年女が恋して磨かれて……』という例のアレと誤解されてしまいそうですが、

この女『自分の欲望のままに好き放題しまくって内面から輝いてってしまうんですね~』と、書くとやっぱり誤解されそうなんですが……うーん

エロの面では15Rのトラウマとゆーか
「わっかりやす~っ!」って感じなんですが

白黒画像で撮られた明るい森はなんだか
点描画の様に見えて、それが生理的に気持ち悪かったり、馬の演技が上手すぎて(ダジャレじゃないです)今にも喋り出しそうだったり……

死の場面が妙に静かで、それがかえって、
じんわり怖かったり、

なんだかマドモアゼルの怒りの沸点も
「もーちょっと話し合ってみてもいいんじゃ
ない?」って思ったんですが、

そーゆー人間もいるって事や、
観ていて「この時代の貞操倫理ってこんなだったっけ?結構、思いきった事やっちゃってるよ!」って、今の私が感じる点が
トラウマ映画の由縁だったりするんでしょーか?
σ( ̄∇ ̄;)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
恩田かーや
すべての映画レビューを見る(全3件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る