戦艦デファイアント号の反乱のレビュー・感想・評価

戦艦デファイアント号の反乱

劇場公開日 1962年9月22日
1件を表示 映画レビューを書く

帆船の海戦

ナポレオン率いるフランスと戦うイギリス海軍、不足している水平は強制徴募という無茶な時代。
戦艦デファイアント号の艦長(アレック・ギネス)は息子を見習いとして載せる。
将校の中に政治力を使う残虐な男(ダーク・ボガード)がいた。
水平たち(アンソニー・クエイルほか)は耐えられずに反乱を画策するのだが・・・。
帆船の戦いは見ごたえがあり大迫力、CGでは出せないなぁ。

いやよセブン
いやよセブンさん / 2018年2月12日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  怖い 興奮
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

1件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi