「本作の意義は21世紀の現代でも変わらない」エマニエル夫人 あき240さんの映画レビュー(感想・評価)

メニュー

エマニエル夫人

劇場公開日 1974年12月21日
全4件中、1件目を表示
  •  
映画レビューを書く

本作の意義は21世紀の現代でも変わらない

1974年のバンコク
現代のバンコクは世界中の大都会とさほど変わらない近代的な大都会の光景だ
スクンビット辺りの都心のふとした交差点に立つと見える眺めはそれこそ東京にいるかのように感じることもあるくらいだ
しかし当時のバンコクはどれ程エキゾチックであったのだろう

大ヒットしたテーマ曲と籐のかご椅子に裸で脚を組むシルビア・クリステルのポスターのビジュアルは当時世界中を本作に注目させた
特に女性をこのややもすればソフトポルノと揶揄される映画に詰めかけさせた

しかしテーマは女性の性解放そのもの
ウーマンリブという言葉が生まれ、女性が性を隠さず積極的に求める風潮が始まった頃に本作は正に合致したのだ

フランス語の台詞の響き、アンニュイな雰囲気、美しいタイの風景とエキゾチズム
在バンコクフランス人外交官社会のスノッブな生活
そこにあのテーマ曲

これが他の言語、都市では同じテーマを同じ時期に取り上げたとしてもまず受け入れられないだろう

そして何よりシルビア・クリステルはモデル出身だ
細く華奢で美しく、何よりかわいい
女性が憧れる女性なのだろう

21世紀の女性が本作を観て果たしてどのような意義を感じられるのかはわからない
しかし、それでも全ての女性が性を解放されたかといえばそうではない
現代もなお本作の意義はあるはずだ

あき240
さん / 2018年12月22日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報