ロマ 忘れられた友

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

黒海とカスピ海の間に位置する山脈コーカサスにあるグルジア共和国を舞台に帰らぬ老主人を待つコーカサス・シェパード犬“ロマ”の姿を四季の移り変わりの中で描く。監督はビジナ・ラチヴェリシヴィ、脚本はギニー・ブトフジ、ビジナ・ラチヴェリシヴィ、撮影はイーゴリ・クレプス、音楽はヤコヴ・ボボヒーゼが担当。出演はヴァソ・カクニアシヴィリなど。

1983年製作/グルジア
原題:Loma-Zabytyi Drug
配給:国際シネマ・ライブラリー

ストーリー

黒海とカスピ海の中央に位置するコーカサス山脈にあるグルジア共和国は、古い歴史をもつ静かな国。四季おりおりに変わる自然の美しさは格別だ。ゲオルギーじいさん(ヴァン・カクニアシヴィリ)は、そんなグルジアの山の中の一軒家で、愛犬のコーカサス・シェパード犬“ロマ”と一緒にひっそりと暮らしている。ゲオルギーじいさんには2人の息子がいて、2人ともロマを可愛がっていたが今は成長して町に行ってしまった。彼らはゲオルギーじいさんに山をおりることをすすめるが、じいさんはどうしてもうんと言わない。ある日、孫が病気になったために、じいさんは遂に山をおりることになり、2、3日で帰るつもりで、ロマを残して息子たちと一緒に山を降りた。2、3日がすぎ、秋がすぎても、じいさんは帰ってこない。遂に冬が訪れ、山々は厳寒の装いになった。飢えと無人のさびしさの中でロマはひたすらゲオルギーじいさんの帰りを待つのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

映画レビュー

ユーザーレビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く