呪われた城

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「三人の妻への手紙」のジョセフ・L・マンキーウィッツが、一九四六年に発表した第一回監督作品で、ベストセラーとなったアニア・シートンの歴史小説を、マンキーウィッツ自身脚色したもので、製作指揮はダリル・ザナック自ら当たっている。撮影のアーサー・ミラー、音楽のアルフレッド・ニューマンは「三人の妻への手紙」と同じ協力者である。「幽霊と未亡人」のジーン・ティアニー、故人となった「黄金」のウォルター・ヒューストン、「聖処女」のヴィンセント・プライスが主演し、グレン・ランガン、コニー・マーシャル、ヘンリー・モーガン等が助演している。

あらすじ

一九世紀中ば、ニュー・イングランドの名門といわれたドラゴンウィックのヴァン・ライン家の当主ニコラスは、陰の多い人物だった。ミランダ・ウェルズの父エフレムの忠告を聞かず、この家の娘カトリンの家庭教師として住み込むようになった頃、ニコラスは病妻のジョアナと仲違いをし、また村のキャス・ブレッカーに扇動された小作人たちが、ニコラスを敵視し険悪な状態を呈していた。その間に立って、八方まとめ役をしていたのはジョフ・ターナーという若い医師だった。村祭りの日、ニコラスは自邸の舞踏会でミランダと踊ったが、その夜、ジョアナはジェフの手当も間に合わず急死してしまう。妻の死後、ニコラスはミランダに求婚し、二人の間に生まれた子供が心臓が弱くてすぐに死んでしまったことから、ニコラスは再び昔のような、はげしい憂鬱性に襲われるようになった。彼は塔の上の小部屋に閉じこもって、麻薬の力を借りてわずかに生を楽しんでいる廃人になっている事を知ったミランダは慄然とするが、どうすることもできず、彼女もまた次第に不幸になっていった。この様子をヴァン・ライン家の女中から聞いたジェフは同家にゆき、ニコラスが完全に狂人となっていることを発見するとともに、ジョアナが病死したのではなく、彼が殺害したこともつきとめた。ニコラスはジェフに首にするといい、なおドラゴンウィックの全能の人であるとの自負に酔いながら狂死した。ミランダははじめて解放された気持ちで、本当に信頼すべき人がジェフであることを知ったのである。

1949年製作/アメリカ
原題:Dragonwyck
配給:セントラル

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

ユーザーレビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「呪われた城」以外にこんな作品をCheck-inしています。