0の決死圏

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

竹のカーテン内でくり展げられるスパイ・アクション。「許されざる者(1960)」のベン・マドウの脚本により、「ナバロンの要塞」「マッケンナの黄金」のJ・リー・トンプソンが演出した。製作は「ナポレオン・ソロ」でエミー賞を得たモート・エイブラハムズ。音楽は「猿の惑星」のジェリー・ゴールドスミス、撮影は「わが命つきるとも」のテッド・ムーアがそれぞれ担当している。出演は「マッケンナの黄金」のグレゴリー・ペック、「女狐」のアン・ヘイウッド、「侵略」のアーサー・ヒルの他、毛首席にアメリカ2世の舞台俳優コンラッド・ヤマが扮している。

1969年製作/101分/アメリカ
原題:The Chairman
配給:20世紀フォックス

ストーリー

アメリカのノーベル賞科学者ジョン・ハサウェー博士(グレゴリー・ペック)は、シェルビー中将(アーサー・ヒル)の命により、旧師リー教授(ケイ・ルーク)に会いにいくことになった。それは、中国にいる教授が発見した驚くべき酵素の秘密を教わる為だった。博士は恋愛中のケイ・ハナ教授(アン・ヘイウッド)との別れを惜しみつつ中国へ向かった。香港の美女チン・リン(ジーニア・マートン)とのからみによって博士は竹のカーテン内に潜入可能となった。そして、イン保安部長(エリック・ヤング)に伴われた博士は、リー教授の娘で科学者のチュー(フランシスカ・ツー)に会い次いで毛首席(コンラッド・ヤマ)と面談した。毛首席との約束に基づき、博士はチューとともに教授の研究を手伝うことになった。やがて博士とチューの間に相ひく感情がめばえた。その間の事情は、博士の頭蓋骨に仕こまれた無電器で逐一シェルビーに伝えられていた。そのうち、リー教授の死という大事件が起こり、博士の身が危うくなった。チューから酵素に関する極秘のマイクロフィルムを渡された博士は、インの追撃を逃れソ連国境へ向った。そしてソ連側の警備隊の援助によって、博士は無事脱出することができた。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

ユーザーレビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る