西部の裁き

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

わが国でははじめて紹介されるシネカラー法による色彩映画である。「怒濤の果て」のハリー・ジョー・ブラウンが製作、「拳銃の町」のレイ・エンライトが監督した1948年度作品。西部作家ルーク・ショートの小説よりケネス・ガメットが脚色し、フレッド・ジャックマン・ジュニアが撮影、ルディ・シュレイジャーが音楽を担当した。主演は「拳銃街道」のランドルフ・スコット、「緑の誓い」のマーゲリット・チャップマンで、ジョージ・マクレディ、「バッド・ガール」のサリー・アイラース、エドガー・ブキャナン、バーバラ・リード、ウォーレス・フォード、フォレスト・タッカー等が共演している。

あらすじ

コロナー・クリークの街はヤンガー・マイルスの勢力下にある街だった。ケイト・ハーディスンの経営するホテルに、この街に見かけない逞しい男が馬を乗りつけて宿をとった。クリス・ダニングと称するその男はケイトの親友であるマイルスの妻アビイが酔い痴れてアパッチ・インディアン語を口走っているのを見ると、牧場に送ってやると出て行った。こうしてクリスはマイルスの1の子分のアーニーと知り合いになり、仲間入りをすすめられたが、なぜか断ってマイルスが追っ払おうとしているデラ・ハームスの牧童頭になった。彼は故意にマイルスに逆っているようだった。ケイトはクリスの無暴さに、アビーの父がこの町のシェリフで、マイルスに敵対行為をとると命もあぶないと警告するが、一向に利目はなかった。かえって、クリスはハームス牧場を乗っ取ろうとするマイルスの裏を掻くことに成功するが、このため、生命の危機にさらされようとした。マイルスはひたがくしにしていた飲酒狂の妻にまで当たり散らし、彼女の父のシェリフさえも敵方にまわしてしまう。クリスは自分と結婚するために西部に来る途中の駅馬車でアパッチ語を話す兇盗に殺された許婚者の犯人を求めてこの町までやって来たのだったが、その賊がマイルスである確証を握り、マイルス一味を追いつめ、その復讐をとげる。

1948年製作/アメリカ
原題:Coroner Creek
配給:セントラル

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

ユーザーレビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る