劇場公開日 1955年5月27日

スタア誕生(1954)のレビュー・感想・評価

採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全9件を表示

4.0やっぱりこの作品でジュディにオスカーを上げて欲しかったな。

2019年6月15日
Androidアプリから投稿

やっぱりこの作品でジュディにオスカーを上げて欲しかったな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
もーさん

5.0不世出の 歌手

2019年4月20日
Androidアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
jarinkochie

3.5☆☆☆★★ この時ジュディは、スターの座に返り咲いた事で、人生最高...

2019年1月2日
iPhoneアプリから投稿

☆☆☆★★

この時ジュディは、スターの座に返り咲いた事で、人生最高の絶頂期に有った。

映画本編は。その後の彼女の運命をなぞるが如くの内容に、思わず身悶えしてしまう。
何故にこれ程の復活を遂げながら、断崖から突き落とされてしまったのか?
ジーン・ケリーははっきりと「MGMの首脳陣の画策」…と語っていたと言う。

「彼女のおかげで稼げたのに!」…と。

この言葉が真実だったならば、映画本編にも同じ台詞が有るのが…。

今ではyoutubeを始めとする動画サイト等を通じて、簡単に彼女の動画が見れてしまう。
その昔ではそうは行かない。「何とかして彼女の映画を集めたい!」週末には渋谷に有った《すみや》を始めとして輸入ビデオ店を周る日々。当時はビデオも高額で、絶えず続く金欠は辛かったなあ〜(。-_-。)しみじみ

映画本編は、観ていてどこか野暮ったく感じてしまう。
監督ジョージ・キューカーは、女性映画を撮らせたら当時No.1の異名を取っていて。確かにドラマパートのエモーショナルな場面は素晴らしいとは思うのだけど。洗練されたMGMミュージカルとはちょっと違い。どことなく重ったるいワーナーミュージカルっぽさが漂っている。

作品中のナンバーで、過去を振り返る場面が有り。その場面がそもそも、彼女自身の生い立ちからガムシスターズとしてショービジネスへの道を歩み出す人生と重なり合い、様々な想いが交錯する。
この場面の台詞で、彼女は「Show must go on」と言う。

当時のアメリカでは、彼女はこう呼ばれていた。

【Miss show Business】

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
松井の天井直撃ホームラン

5.0物凄い映画、腰抜けました

あき240さん
2018年6月15日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

問答無用
こころの底から感動しました
ジュディガーランドの演技、歌、ダンス
何をとっても全てが映画遺産の至宝
これこそ史上最高の映画

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あき240

4.0夫は流れ星

everglazeさん
2017年4月12日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
everglaze

5.0ジュディ・ガーランド

2016年12月15日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

悲しい

楽しい

1976年のバーブラ・ストライサンド版もよかったが、このジュディ・ガーランド版もよかった。
人気スターの男(ジェームズ・メイソン)が歌のうまい女の子をスカウトし、スターに育て上げるが、自分は落ち目になってしまう。
歌も踊りも最高で、彼女自身を投影したかのような男への対応は、何とも言えないやるせなさが伝わってくる。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

3.5ジュディ・ガーランドの圧倒的な歌声に魅了される

2016年11月22日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

ジェームス・メイスンは最初から華がなく大スターに見えず残念。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
tsumu miki

4.0よかった

2016年7月4日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

楽しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
古泉智浩

5.0この映画は一生忘れないでしょう

neonrgさん
2015年7月17日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

悲しい

楽しい

主演のジュディ・ガーランドに魅入ってしまい、途中までミュージカルと気付かなかった。
ミュージカルとしての対比は「ダンサーインザダーク」。
主題としてのそれはフェリーニの「道」、あたりかな?
フィルムが欠損している部分がスチールに置き換えられてるのが残念。
それでも文句なしの100点。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
neonrg
「スタア誕生(1954)」の作品トップへ