ZOMBIO 死霊のしたたり

劇場公開日

9%
57%
30%
0%
4%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

マサチューセッツの総合大学病院を舞台に“死体蘇生”を研究する若きマッド・サイエンティストの暗躍を描くホラー映画。エグゼクティヴ・プロデュサーはマイケル・エイヴェリー、ブルース・カーチス、製作はブライアン・ユズナ、監督はスチュアート・ゴードン、脚本はゴードン、デニス・パオリ、ウィリアム・J・ノリス、原作はH・P・ラヴクラフト、撮影はマック・アールバーグ、音楽はリチャード・バンド、特殊メイクはアンソニー・ダブリンが担当。出演はジェフリー・コムス、ブルース・アボットほか。

1985年製作/0分/アメリカ
原題:Re-Animator
配給:東映クラシックフィルム

ストーリー

某大学の研究室。ドクター・グローバーが血だらけになって死んだ。同室のハーバート・ウエスト(ジェフリー・コムス)に容疑がかかるが彼は生命を与えようとしたのだ、と不思議なことを口にした。マサチューセッツ州のミスケトニック・メディカル・スクール。ウエストはここの脳外科医ドクター・ヒル(デイヴィッド・ゲール)の研究室に入ることになった。気の弱いダン(ブルース・アボット)と同室だ。ダンには、学長ホルジー博士(ロバート・A・バーンズ)の娘でメグ(バーバラ・クランプトン)という恋人がいた。彼女の愛猫がウエストの冷蔵庫で死体となって発見される。彼は死体を蘇生させる血清を発明したことを告げる。ダンと共に死体置場で実験を試みるウエストは、ゾンビとなって暴れだす死体の噂を聞きつけてやって来た学長ホルジーを殺してしまう。あわてた2人は血清でホルジーを生き返らせるが、狂暴なゾンビと化したホルジーは、ドクター・ヒルの研究室に監禁される。そのヒルも、ウエストによって体を解体され実験に使われゾンビとなった。しかし、隙をついて血清を奪い自分の首をバッグに入れて研究室に戻ったドクター・ヒルは、メグを手術台の上で犯そうとする。その時、ダンとウエストがメグを救けにとび込んできた。一斉に暴れ出すゾンビたち。しかし、メグは絶命していた。やがて“アイ・ラブ・ユー”と叫んだダンは、メグにあの血清を注射する。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

4.0真面目なド変態vsゲスなド変態

2020年5月17日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

マッドサイエンティストの極み

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
カタヤマ

4.0マッドサイエンティストvsマッドサイエンティスト

kossyさん
2019年8月20日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

笑える

 クライマックスでのマッドサイエンティスト同士の対決!すごく笑えます。途中は編集がいい加減なのか、話や場面が飛び飛びになっていて興ざめするところもあるが、これはこれでいいのだろう。ゾンビ化した学長もいいキャラ出しているし、ヒル博士のストーカーぶりもいい!首と胴体がバラバラなのに欲情するなよ!て、ことよりも、隣に父親の学長がいるってのに・・・

 ロボトミー化手術の権威であっても、普通重症の精神病患者をおとなしくさせる目的だろうに・・・わけわかりません。登場人物の行動がすべておかしく、ラスト近くでメグが首しめられるのに体張って助けてやれよと叫びたくなりましたよ、まったく。でも、かなり楽しめました(笑)

『死霊のしたたり2』の欄がないので、こちらに

 『ZONBIO/死霊のしたたり』の続編。体の一部分にも意識があると証明したウエストが今回は蘇生のみならず、バラバラになった肉体を繋ぎ合わせて現代のフランケンシュタインになろうとしている。運良くメグの心臓が残っていたため他の身体を繋ぎ合わせることに・・・

 全体的にコミカルで笑えます。Dr.グレイヴスもわざわざヒルを蘇らせるんだから・・・まったく。犬に人間の手をくっつける事も出来るんだから、何でも有りだな(笑)。嫉妬に狂った刑事の妻も笑えるし、もうはちゃめちゃです。繋ぎ合わせたら、人口皮膚等で綺麗に仕上げてほしいものだ。

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 1 件)
kossy

5.0ZOMBIO(ゾンバイオ)/死霊のしたたり

2017年9月27日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

死体蘇生薬を開発した学生ハーバート・ウェストの狂気の実験が巻き起こす恐怖を描く。
怪奇小説のH・P・ラブクラフトの原作「死体蘇生者ハーバート・ウェスト」を映画化。
原作は未読。
スチュアート・ゴードン監督の衝撃的すぎるデビュー作です。
劇場公開時のタイトルは「ZOMBIO(ゾンバイオ)」です。
ハーバート・ウェストが開発した、
死体蘇生薬によって死者が生き返りますが、
ゾンビというよりはバタリアンに近かったです。
本作は特異なキャラクターが多数登場しますが、
中でもウェストに殺され首だけのまま生き返ったヒル教授のキャラクターが一番インパクトがあります。
ヒル教授の生首がヒロインであるメグの裸体をナメ回すというくだり。
ヒル教授がメグの裸を見るあのいやらしい目つきは、
演技ではなく本気にも見える。
サービス精神溢れる人体破壊描写や、
グロ描写の中にもどこかしらユーモアが垣間見える演出などが素晴らしい。
ヒル教授は頭と胴体が離れているのに、
テレパシーで胴体を操ってみせたり、
薬の大量投与によりヒル教授の内臓が暴走するという、
もはや訳のわからない展開を見せるクライマックスは凄いの一言。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
しょうちゃん
すべての映画レビューを見る(全3件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「ZOMBIO 死霊のしたたり」以外にこんな作品をCheck-inしています。