「グルメ・ミステリー・ロマコメの三層仕立て。」料理長殿、ご用心 みつまる。さんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「料理長殿、ご用心」 > レビュー > みつまる。さんのレビュー
メニュー

料理長殿、ご用心

劇場公開日 1979年5月5日
全3件中、3件目を表示
  •  
映画レビューを書く

グルメ・ミステリー・ロマコメの三層仕立て。

ロンドン・パリ・ベニスを舞台に世界の4大料理長が次々に命を狙われるが ー。
各料理長が、それぞれ得意とする料理の調理法に乗っ取って殺されていくが、肝心の殺害シーンが欠落している為にスリルのカケラもございません。
出来上がった料理(死体)ばかり見せられてもねぇ〰。
しかも登場する豪華料理の数々も、こちらの目を楽しませてくれるほどのインパクトに乏しく、ほとほと弱りました。
ならば、美食は諦めて美女を楽しもうにも下着姿のジャクリーン・ビセットだけでは物足りないってば。
本作でキャラが際立っていたのは、一度見たら忘れられないその巨漢で美食家の料理雑誌編集者を演じたロバート・モーレイでしょう。
彼が言い放つ「世界の名シェフたちが作ったこの肥満の体こそは芸術品だ」には思わず苦笑いです。

/ 2016年2月28日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  楽しい 単純
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi