サイレンサー 破壊部隊

劇場公開日

0%
0%
50%
0%
50%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ドナルド・ハミルトンのスパイ小説を、「宝石を狙え ゴールデン・ブル作戦」のウィリアム・P・マッギヴァーンが脚色、「サイレンサー 沈黙部隊」のフィル・カールソンが監督したシリーズの4作目。撮影は「招かれざる客」のサム・リーヴィット、音楽は「サイレンサー・待伏部隊」のヒューゴー・モンテネグロが担当している。出演はおなじみのディーン・マーティン、「ラスベガス強奪作戦」のエルケ・ソマー、「哀愁の花びら」のシャロン・テイト、ほかに「代爆発」のナンシー・クワン、「踊れサーフィン」のティナ・ルイスなど。製作はアーヴィング・アレン。

1968年製作/アメリカ
原題:Wrecking Crew
配給:コロムビア映画

ストーリー

デンマークで列車がおそわれ、50億ドルの金塊が奪われるという事件が起こった。通知をうけたICEのチーフ、マクドナルドは、カメラ片手に女の子にヤニ下がっている、マット(ディーン・マーティン)の尻をたたき、コペンハーゲンに発たせた。ホテルでマットは旅行案内係と称する女、フレヤ(シャロン・テイト)を知った。マットは彼女とともに強盗の頭目と目されるコンチーニ伯爵の邸を訪れたが捕まえられた。特製の毒ガス・カメラで逃げ出したが、次にはユー・ランという女とその一味に襲われ、命からがら逃げ出した。ユー・ランそして伯爵の女リンカ(エルナ・ソマー)が次々とマットをお色気戦法でせめてきた。だが、その度にフレヤがわりこんできた。実は彼女は英国のスパイだった。やがてマットとマクドナルド、そしてフレヤはユー・ランの罠におち一味に監禁されてしまった。その間一味は壁にぬりこめておいた金塊を取り出し、脱出を計った。やっと罠からのがれたマットは組立て式のミニ・コプターを作り、フレヤとともに乗り込み、走る列車に空から襲撃をかけ、首領に迫り、コンチーニ伯爵と大格闘の末、金塊を取り返した。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

3.0全般やや眠く、細かいとこで面白かった。

ツネミさん
2019年11月16日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

楽しい

単純

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ツネミ

1.0スパイ映画好きとしてもキツイ内容w

散歩男さん
2019年9月2日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

タイトルからハードなアクション系と想像してたが、相当にユルいスパイコメディであった。

主演のディーン・マーチンがとても腕利きには見えず美女に鼻の下を伸ばし目尻を緩める日焼けのオジサンなだけなのである。白のハイネックを好んで着ているセンスも特殊だ。

音楽は全編いかにもなのが流れてイカス! ここだけはグッジョブ。
シャロン・テートはピントのズレたドジっ子で、バディを組むのだが、かなりイライラするw
とにかくアクションはモッサリ、脚本は雑。好事家向けですな。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
散歩男
すべての映画レビューを見る(全2件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る