最後の砦

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「追われる男」のパイン・トマス・プロダクションが製作した南北戦争余話。演出はルイス・R・フォスター、撮影は「シェーン」でアカデミー撮影賞を得たロイヤル・グリグス、音楽はルシアン・カイリエが夫々担当している。出演は「命ある限り」のロナルド・レーガン、「戦略空軍命令」のブルース・ベネット、「風雲のバビロン」のロンダ・フレミングなど。テクニカラーによる1951年作品。

1951年製作/アメリカ
原題:The Last Outpost
配給:パラマウント

ストーリー

南北戦争のころ、ヴァンス・ブリトン大尉(ロナルド・レーガン )は北部出身だったが南軍の1人としてサンタ・フェ街道に沿って北軍に武器弾薬が入るのを防いでいた。皮肉なことに彼の部隊に対抗する北軍の指揮官は彼の兄ブリトン大佐(ブルース・ベネット)だった。やがて武器密売者サム・マクラウドの手引きでインディアンもこの戦いにまきこまれたが以前ヴァンスと婚約していたサムの妻ジュリー(ロンダ・フレミング)は良人の奸計を知り悩んだ。間もなくサムはインディアンに襲われて殺され、その地方のアパッチ族の若酋長ジェロニモは犯人として投獄された。アパッチの激怒をきいたヴァンスの努力でインディアンとブリトン大佐の間に会談が行われたがアパッチ族をひきいるグレイ・クラウドという白人のならず者が何者かに殺されたことからブリトン大佐の本営ポイント砦はインディアンの重囲下に孤立した。急をきいたヴァンスの救援で南・北両軍は力を合せてアパッチ族を撃退しヴァンスとジュリーも再び結ばれたのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

ユーザーレビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る