妻君教育法

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

モンク・ベル氏がワーナー・ブラザース社で製作した処女作品である。原作は恋愛小説家として名高いエリノア・グリン女史で、グラント・カーペンター氏が脚色した。「結婚哲学」で妙技を示したマリー・プレヴォー嬢、モント・ブルー氏、クレイトン・ヘール氏等競演し老巧なクロード・ギリングウォーター氏や花形のベティー・フランシスコ嬢、エドワード・アール氏等も出演しネリー・ブライ・ベイカー嬢も顔を見せている。

1924年製作/アメリカ
原題:How to Educate a Wife

ストーリー

保険勧誘員トッドは爪磨きメーベルと結婚したが貧乏で困っていた。彼の友人ブリーズは建築ブローカーで妻を商用に使い俺の妻君教育法を見ろと自慢していた。バンクス老人は妻君の尻に敷かれている男性の一人で或る新聞に「妻君教育法」と題する女性雇用論を寄稿し始めた。トッドとブリーズはその妻君利用法に共鳴して各々妻君利用を講じたが、当は向こうからはづれるためしでブリーズは妻に逃げられトッドは夫婦別居の憂き目を見る。そうしてどうにもならなくなろうとしたが怪我の功名でトッドは奇利を博した。バンクスの寄稿も漸く結論に達した。曰苦、女は済度し難し。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

ユーザーレビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く