恐怖の岬

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
0%
40%
60%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ジョン・D・マクドナルドの原作を「法に叛く男」のジェームズ・R・ウェッブが脚色、「ナバロンの要塞」のJ・リー・トンプソンが演出したサスペンス映画。撮影は「栄光への脱出」のサム・リーヴィット、音楽はバーナード・ハーマンが担当。出演者は「ナバロンの要塞」のグレゴリー・ペック、「サンダウナーズ」のロバート・ミッチャムのほか、ポリー・バーゲン、ロリ・マーティン、マーティン・バルサムなど。サイ・バートレット製作。

1962年製作/アメリカ
原題:Cape Fear
配給:ユニヴァーサル

ストーリー

弁護士のサム・ボウデン(グレゴリー・ペック)は、妻のペギー(ポリー・バーゲン)、12歳になる1人娘ナンシーと共に幸福な暮らしをしていた。ところが、マックス・キャディ(ロバート・ミッチャム)という男が、この町に現れてからというものは、ボウデン家は次第に恐怖へとまき込まれていった。キャディは、残虐な性的犯罪で長年刑務所に入っていたが、自分が有罪になったのは公判廷でサムが証言したためと、サムを深く恨んでいた。キャディは、サムに復讐することをほのめかした。一家をキャディの手から守るためには彼を町から追放しなければならないが、現在の法律では罪を犯さない限りどうすることも出来ない。困ったサムは警察署長に相談しキャディに尾行をつけてもらった。だが、キャディは弁護士を雇って自由侵害で訴えるといって署長を脅迫、彼に手を引かせてしまった。仕方なしにサムは私立探偵のシーバーズを雇って妻と娘を護衛させることにした。だが彼の手に負えるものではなく、シーバーズはジョンプソンという暴力団のボスに相談するようサムに薦めるのだった。その頃、サムの家では飼い犬が毒殺された。当然キャディの仕業だったが、その直後、キャディがサムの娘ナンシーを追いかけたため彼女は通りかかった車にはねられ軽傷を負うという事件が起こった。仕方なしにサムはジョンプソンを訪れ事件を依頼したが彼の手下は逆にキャディにやられる始末だった。その上、キャディはこの闇討ちを種にサムの弁護士失格を主張した。ついにサムは自分の手で解決する決心をかためた。妻と娘をおとりに使ってキャディをおびき出そうと、彼は2人をボートにのせ淋しい浜辺にある別荘へと連れて行った。そして保安官に協力を頼み2人はキャディの現れるのを待った。キャディはまんまとわなにかかって2人の前に現れた。恐怖の実体を眼の前にするサム、ついに2人の対決する時が来た。そして数刻、キャディはついにサムの正当防衛の拳銃の前に倒れるのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

3.0『ケープ・フィアー』のオリジナル

kossyさん
2019年8月16日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 リメイク作品『ケープ・フィアー』のおかげで脚光を浴びたオリジナルだ。原作を超えられないとかの酷評もあったが、このオリジナルはクライマックスシーンが弱い。見所は前半であり、今ではストーカー行為に対する法律もあるが、この時代には有意義な法律がないことによって、心理的にじわじわと追い詰められることになる弁護士一家の恐怖体験が素晴らしい出来。人間の弱いところをついた描写がいい。

 金で解決しようとしても応じず、じっと弁護士一家を見張るロバート・ミッチャム。若者を雇って傷つけたりする心理描写は弱いものの、その前後のグレゴリー・ペックの表情がいい。犯人につく弁護士の冷ややかな態度や、徐々に孤立してしまう弁護士サム。絶妙なバランスだった。

 問題なのは岬へと誘った後、小屋とクルーザーとの二元的映像になるが、この行き来の繋ぎが良くなかった。母親はどうなったのか?娘はどうなったのか?と細かな時系列が想像力に委ねられてしまうので、アクションで帰結してしまう・・・。やはり、ペックは新聞記者か弁護士の役がよく似合う・・・

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy
すべての映画レビューを見る(全1件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る