金に飽かして

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ロバート・ヘリック氏作の小説「クラークの土地」に基づきジョン・ラッセル氏が脚色し、「蔓里一走」と同じくフランク・タトル氏が監督したもので、「天国の罪人」「アルゼンチン情話」等出演のビービー・ダニエルス嬢と「南海の孤島」「ローマの一夜」等出演のトム・ムーア氏とが主演し、ドロレス・キャッシネリ嬢、ウィリアム・パウエル氏等の腕利きが助演している。

1924年製作/アメリカ
原題:Dangerous Money

ストーリー

ニューヨーク、ブルックリンの河岸に「クラークの土地」という空地があった。その所有者が明瞭でなかったために、裁判所もそれがピーター・クラークの土地であったというだけで、クラーク伯母さんの物か、シーマス・サリパンの物かが解らなかった。しかしクラーク伯母さんが死ぬと間もなく裁判所はその土地を叔父さんの姪のアディル・クラークの物としてしまった。貧乏人のアディルは一躍土地成金となり、某信託会社の後見で学校にはいり、月々莫大な金を仕送られて、ヨーロッパへ就学旅行に出掛けたが、行く先々で大変な贅沢をしたので、信託会社も遂にティム・サリバンをやって彼女に意見をさせた。ティムは彼女の愛人だったが、アディルは彼のいうことにも耳を傾けなかった。加えて、アディルは旅先でアルノルフォ・ダ・ペスチアというイタリアの貧乏華族と結婚したが、某男には既に内縁の子供さえあり、家庭は不幸だった。その後ピーター・クラークの遺書がオーハラという男に発見され、例の土地はティムの物ということが解ったが、偶偶ホテルの火事でアルノルフォが死亡したため、アディルは再び幼馴染みティムの手に厚く抱き上げらるる身と成った。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

ユーザーレビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く