縁の盗み

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「処女の頃」と同様、ドリス・メイ嬢主演のエフ・ビー・オー映画で、監督がウィリアム・A・サイター氏、相手役がハラム・クーリー氏である事も「処女の頃」と同じである。サイター氏とルイス・マイルストーン氏と合作をイヴ・アンセル女史が脚色したものである。

1922年製作/アメリカ
原題:Up and at'Em

ストーリー

バーバラが運転手服を着て父の自動車を飛ばしていると1人の男が客自動車と間違えて乗り込んだ。而も彼は泥棒である。泥棒は彼女を探偵と思い違え、絵画蒐集家ボッブ・エヴェレットの家へ仕事にいく手伝いを彼女に強要した。その仕事の最中、彼女だけボッブに捕らえられたが、その代わりボッブの心を彼女は捉えてしまった。2人は急いでバーバラの父の家へ帰るとやはり絵画蒐集家の父が今ボッブが盗まれたばかりの美術品を仲買人実は泥ちゃんから買おうとしている。泥ちゃんは捕らえられ若者等は恋の成就へ

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

映画レビュー

ユーザーレビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く