H氏のバケーション

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

エドワード・ストリーターの小説「ホッブス氏の休暇」を「怒りの葡萄」のナナリー・ジョンソンが脚色し、「フラワー・ドラム・ソング」のヘンリー・コスターが監督したコメディ。撮影は「ステート・フェア(1962)」のウィリアム・C・メラー、音楽は「酒とバラの日々」のヘンリー・マンシーニ。出演者は「西部開拓使」のジェームズ・スチュアート、「荒野のガンマン」のモーリン・オハラ、「史上最大の作戦」のフェビアン、ジョン・サクソンなど。製作はジェリー・ウォルド。

1962年製作/アメリカ
原題:Mr. Hobbs takes a Vacation
配給:20世紀フォックス

ストーリー

セント・ルイスの銀行家ホッブス氏(ジェームズ・スチュアート)は、愛妻ペギー(モーリン・オハラ)と水いらずの海岸行きを思ったが、結局一家をあげて出かけざるを得なくなった。3女ケイティは、歯に矯正器をはめているため引っ込み思案の娘になっている。次女ジェーンの夫バイロンは、海岸で会ったグラマーにいかれる。長女スーザンの夫スタンリーは目下失業中。末子の一人息子ダニーはテレビばかり見ている。家政婦ブレンダ台所設備が悪いと別荘を出て行く。ある日、ホッブス氏は土地のダンス・パーティーへ出かけた。が、すっかり内気になったケイティに誰もよりつかないのだ。困惑したホッブス氏は、1人の青年ジョー(フェビアン)を5ドルで買収してダンスの相手をやらせた。が、そのうち2人はまったく意気投合。ホッブス氏が別荘へ帰るとブレンダが戻っていた。またスタンリーの就職口も決まった。ある夜、ホッブス氏は、ヒョンなことからスタンリーを雇うことになった社長の夫人の浴室に閉じ込められ、社長と派手な太刀回り。そのためスタンリーの就職もふいになった。かくて多事多難だったホッブス氏のバケーションも終わった。ジェニー夫婦は先に帰り、バイロンはグラマーと別れた。ケイティはひとり淋しそうだったが、まもなくジョーがさよならをしに来たので大喜び。家へ帰るとスタンリーの就職口も決まっていた。ほっとするホッブス氏。やがてホッブス氏は愛妻ペギーに、来年こそ2人でどこかへと言うと、ペギーは来年も同じ別荘を借りる予約をしたと答えるのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第20回 ゴールデングローブ賞(1963年)

ノミネート

最優秀主演男優賞(コメディ/ミュージカル) ジェームズ・スチュワート
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る