永遠の嘆き

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

米国の小説家として相当成功なガヴァナー・モリス氏の原作をロバート・N・リー氏が脚色し、ローランド・V・リー氏が監督したもの。主役は「冬来たりなば」で名をあげたパーシー・マーモント氏で、相手役には新進のベティー・ボウトン嬢。「サーカス・デイズ」等出演のバーバラ・テナント嬢 「怒涛の裁き」等出演のマルコム・マッグレガー氏等である。

1923年製作/アメリカ
原題:You Can't Get Away With It

ストーリー

父の死後急に貧困に陥った三人姉妹の末娘ジルはチャールズ・ヘミングウェイの経営する百貨店の売り子になった。店主のヘミングウェイは温情に富む中年の紳士であったが。冷たい家庭に不幸な日々を送っていたのでジルの純な姿を見て同情は次第に愛に変わっていった。労働に慣れないジルは激務に疲れてヘミングウェイの申し出を容れ、彼の保護を受ける身となったが、彼の死後彼女は世の侮辱を逃れるため欧州に旅行して、ヘンリー・アダムスという青年と恋に陥る。しかいヘンリーが彼女の前身を聞き彼女に不順な恋を迫ったとき、彼女は幻滅の悲しみを抱いて彼の許を離れ、再び昔の百貨店の売り子となって貧しいながら満足した生活に入る。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

映画レビュー

ユーザーレビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る