劇場公開日 2013年3月9日

  • 予告編を見る

「【ミヒャエル・ハネケ監督作品の中でもストレートに人間性肯定をベースに描いた秀作】」愛、アムール NOBUさんの映画レビュー(感想・評価)

3.738
24%
50%
21%
4%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

4.5【ミヒャエル・ハネケ監督作品の中でもストレートに人間性肯定をベースに描いた秀作】

NOBUさん
2019年7月10日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

知的

幸せ

 ミヒャエル・ハネケ監督作品なのに、終始優しい視点で老夫婦
の関係性を描いており、後半はホロっとさせられる。

 ハネケ組、常連のイザベル・ユペールも至極真っ当な役で出演しており、パルム・ドールを連続受賞したのは周知の事実。

 心に響く良い映画であった。

<が、この監督はこういう作品であれば(当時の)パルム・ドール審査員に響くだろうと思っている確信犯であるとも思った作品。
個人的には「ファニーゲーム」を継承する不穏、不条理路線で行っていただきたいなあ。>

<2014年2月6日 劇場にて鑑賞>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
NOBU
「愛、アムール」のレビューを書く 「愛、アムール」のレビュー一覧へ(全38件)
「愛、アムール」の作品トップへ