「悪くは無いがSF作品としては凡作」エリジウム としぱぱさんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「エリジウム」 > レビュー > としぱぱさんのレビュー
メニュー

エリジウム

劇場公開日 2013年9月20日
全131件中、54件目を表示
  •  
映画レビューを書く

悪くは無いがSF作品としては凡作

楽園エリジウムに行く事を願う人々の物語。
あるものは子供の為、あるものは格差を破壊する
為、そしてマット・デイモン扮する主人公は
生き抜くために。

背景やストーリーはそこそこに面白いが
何か目新しさがなく、魅力が薄い。

アイデアはキアヌ、たけしが共演したJM
にも似ているし、映像は第九地区に
酷似する、まあ仕方がないか。

ジョディ・フォスター扮する長官も
役が中途半端かな。
オチも淡泊て盛り上がらない。

DVDで十分、多分二度は見ない。

としぱぱ
さん / 2014年4月28日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 1 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)
投稿日:2014年5月15日

お久しぶりです。 結構、『エリジウム』に対しては辛口のコメントでしたね。
確かに自分も食い足りない部分が多々ありました。
ジョディ・フォスター初のヒール役も、マット・デイモンとのガチンコ対決もないままにほんま呆気なく殺されちまうし…。
えっ…これで終わり!?って感じ。

それから、マット・デイモンのボーズ頭が、『エイリアン3』でのリプリーを彷彿とさせていましたが、ブロムカンプ監督も果たしてそこを狙っていたのかは謎です。
ただ単にデイモンの後頭部に装着されたモニター画面を、目立たせたかっただけかもしれないし。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報