ボブ・マーリー ルーツ・オブ・レジェンド

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
ボブ・マーリー ルーツ・オブ・レジェンド

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

レゲエという音楽ジャンルを確立させ、世界的アイコンとなったボブ・マーリーの実像に迫る、ボブ・マーリー財団公認のオフィシャルドキュメンタリー。母国ジャマイカはもちろん、アメリカ、イギリス、ガーナ、日本などマーリーが生前に活躍した世界各国で関係者や遺族へのインタビューを敢行。初公開となるプライベート映像や過去のライブ映像も交え、マーリーの素顔やルーツを明らかにする。監督は「ラストキング・オブ・スコットランド」「アイルトン・セナ 音速の彼方に」のケビン・マクドナルド。

2012年製作/144分/PG12/アメリカ・イギリス合作
原題:Marley
配給:角川映画

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3

(C)SHANGRI-LA ENTERTAINMENT LLC AND TUFF GONG PICTURES LP 2012

映画レビュー

3.5ルーツ・オブ・SKA

2019年1月22日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD、映画館

単純

興奮

B・マーリーを一括りに"レゲエ"の代名詞とはジャマイカを含めても簡単には言い表せない。

ジャマイカの歴史や独立してからの情勢とルーツになる音楽など奥が深すぎる。

メント、カリプソや米国のジャズにオールディーズなど様々なジャンルからSKAが産まれロックステディを経てレゲエに繋がる中でB・マーリーは名曲の数々を。

バニー・ウェイラーやリー・ペリー、ジミー・クリフなど豪華なインタビュー陣にはテンションも上がるがルーツとなる初期の活動をもう少し掘り下げながら描いて欲しかった。

コクソン・ドッドやプリンス・バスターにデズモンド・デッカーと名前が出るくらいで物足りない。

長尺な割に生い立ちから最後までを親族や関係者のインタビュー、ライブ映像を挟みながら無難に仕上げてしまった感は否めない。

"レゲエ"の神様というよりもジャマイカの神に近い存在になってしまったB・マーリー!?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
万年 東一

4.5レゲエという音楽を作った神様"ボブ・マーリー"は最高にクール

2019年1月3日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

楽しい

興奮

ジャマイカの音楽といえば"レゲエ"と当たり前のようにイメージする人が多いですが、そのレゲエを確立したボブ・マーリーのドキュメンタリー映画があったなんて!
初めて知ったときはとても興奮しました。
しかも、ボブ・マーリー財団公認のオフィシャルドキュメンタリーだなんて、これまで見られなかった映像もたくさんあるんじゃないかって。

実際に見てみたら感動と興奮でした!
(株式会社角川書店さんありがとうございます)
営業の仕事の移動中にもサントラやアルバムを聞いて、ボブ・マーリーの音楽に酔いしれすぎて、運転代行でも頼もうかな、なんて。
ちなみに、聞いていたサントラは『ボブ・マーリー/ルーツ・オブ・レジェンド』オリジナル・サウンドトラック<限定盤>。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
竹下真弘

3.5レゲエ・・

亮一君さん
2018年8月14日
スマートフォンから投稿

興奮

レゲエと云う音楽ジャンルを作り上げたボブマーリー。ライヴ映像は貴重。アイ・ショット・ザ・シェリフの本当の意味を初めて知った・・

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
亮一君

4.0見るべき映画、その1本

2012年10月2日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

単純

興奮

昨年没後30年(享年36)の、レゲエ発のロック界のスーパースターの一人の伝記映画だ。

70年代後半から80年代にかけて少年期を過ごした筆者にとっては、もちろんボブ・マーリー(当時はマーレーと表記したような気が…)のことは記憶しているが、白人ロックにしか関心がなかったので、レコードを買うことはなかった。

きのう10月1日、映画の日に渋谷で鑑賞。
1日1度の上映かつ映画の日だったからかそれなりに客は多かったが、今の日本でこの人の音楽に関心を持つ人がどれだけいるのか、とも思った。
しかし、改めてこの作品を通じて、その足跡を知り、心動かされた。

当時の時代拝見、ボブそのものに関心がなくても、ロックが好きな人なら見てほしい。楽しめる、面白い。

このところ見た映画は、つまらないのばかりだったので、久々に映画を見てよかった、と思った。

見るべき映画の1本と言いたい。

Get up, stand up don't give up the fight

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
トコマトマト
すべての映画レビューを見る(全4件)

他のユーザーは「ボブ・マーリー ルーツ・オブ・レジェンド」以外にこんな作品をCheck-inしています。