李藝 最初の朝鮮通信使

劇場公開日

李藝 最初の朝鮮通信使

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

日本の室町時代に生きた朝鮮通信使・李藝(りげい/イ・イエ)に光を当てたドキュメンタリー。朝鮮王朝前期、地方の小役人に過ぎなかった李藝は、世宗大王の厚い信頼を受けて外交官となり、室町幕府・足利将軍に謁見するため京都を訪問。そのほか対馬、壱岐、九州、琉球など43年間で40数回も来日し、日韓外交のかけ橋となった。しかし、そんな李藝には、幼いころに母親を倭寇にさらわれるという知られざる過去があった。「おまえを逮捕する」「太王四神記」などで知られる俳優のユン・テヨンがナビゲーター役を務め、釜山から京都を旅して李藝の足跡をたどる。監督は「蘇る玉虫厨子」「海峡をつなぐ光」の乾弘明。

2013年製作/71分/日本・韓国合作
配給:平成プロジェクト

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
プロデューサー
益田祐美子
構成脚本
釜澤安季子
乾弘明
撮影監督
長塚史視
編集
高原淳
音楽監督
引地康文
音楽
井内竜次
ナレーター
小宮悦子
全てのスタッフ・キャストを見る

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3

映画レビュー

ユーザーレビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「李藝 最初の朝鮮通信使」以外にこんな作品をCheck-inしています。