デス・リベンジ

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「トランスポーター」シリーズのジェイソン・ステイサム主演によるソード・アクション。愛する家族と平穏な毎日を送っていた農夫ファーマー。ところがある日、辺境の怪物たちが突如として軍隊を結成し、各地で虐殺を開始する。怪物に子どもを殺され、妻も連れ去られてしまったファーマーは、憎き怪物たちに復讐するべく仲間たちと共に敵の本拠地を目指す。監督を務めるのは「アローン・イン・ザ・ダーク」のウーベ・ボル。

2007年製作/127分/ドイツ・カナダ・アメリカ合作
原題:In the Name of the King: A Dungeon Siege Tale

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

2.0クソ(悪い意味で)

2018年8月18日
PCから投稿

笑いどころも少なければ、何かの挑戦の結果失敗してしまった形跡もない。ただただ褒めどころが微塵もないクソ映画。イジりどころが少ないという点で、ビール片手に笑い飛ばしながら観ることすらできない。ここまでの産廃は結構珍しいのでは。

唯一笑えたのはシルクドソレイユ風の森の民くらいだ。きっと思いついた時はナイスアイデアだと思ったのだろう。

ステイサムのアクションが完全に現代格闘のそれで、剣を持ってる癖にやけに蹴りと投げが多い。一介の農民として育ったはずなのだがなんでここまで図抜けて戦闘能力が高いかの説明は一切存在しない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ヨックモック
すべての映画レビューを見る(全1件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「デス・リベンジ」シリーズ関連作品