劇場公開日 2013年3月1日

  • 予告編を見る

「白人の黒歴史をタランティーノがドス黒く塗る!」ジャンゴ 繋がれざる者 万年 東一さんの映画レビュー(感想・評価)

採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

4.0白人の黒歴史をタランティーノがドス黒く塗る!

2016年6月13日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD、映画館

楽しい

怖い

興奮

C・ヴァルツ演じるドクター・シュルツが全ての場面を掻っ攫う。

善でもあり悪でもある奇妙な存在感に死ぬ間際、頭の線が切れた演技を見せるC・ヴァルツには敵わない。

「RAY/レイ」の夫婦役がそのまま本作でも夫婦役でタランティーノが狙ったのか偶然か?

奥さんを救う為の目的をディカプリオにバレる理由が曖昧でイマイチ腑に落ちないがS・L・ジャクソンの姑息な嫌味ったらしい感じは良い。

銃撃戦などの派手な見せ場は終盤に凝縮されている感じで会話での心理戦がC・ヴァルツの存在ありきで緊張感を保てていると思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
万年 東一
「ジャンゴ 繋がれざる者」のレビューを書く 「ジャンゴ 繋がれざる者」のレビュー一覧へ(全125件)
「ジャンゴ 繋がれざる者」の作品トップへ