「静かに、穏やかに。本当にいい映画です」旅立ちの島唄 十五の春 kurikuriさんの映画レビュー(ネタバレ)

メニュー

旅立ちの島唄 十五の春

劇場公開日 2013年5月18日
全7件中、7件目を表示
  •  
映画レビューを書く

静かに、穏やかに。本当にいい映画です ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

見終わったあと、しばらく、涙が止まりません。

南大東島で暮らす少女の1年を丁寧に丁寧に綴った映画です。

大きな事件や、事柄があるわけではないですが
15歳で、島を離れる少女の気持ち。
それを、送り出す両親の心の中。

子供は親を選べない。。。だから親が見守ってやらなければ。。。
と話す、小林薫さんの温かいまなざしに、涙がとまりませんでした。。。

決して、長い台詞がある訳でもなく
あの目だけで、旅立つ娘を見守り、見送り
島を離れていった家族を、見つめ続ける小林薫さんの演技にただただ脱帽です。

久しぶりに、本当にいい映画を観ました。

kurikuri
さん / 2013年5月10日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 知的 幸せ
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報