「災難な休暇」シャドー・チェイサー everglazeさんの映画レビュー(ネタバレ)

メニュー

シャドー・チェイサー

劇場公開日 2012年10月27日
全6件中、2件目を表示
  •  
映画レビューを書く

災難な休暇 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

戻ってみたらヨットが無かった…。
そこまでのカメラワークやサスペンス感はとても良かったのですが、その後は製作者が変わったのかと思うくらい徐々に雑になって行きました。

堅物親父が残したトラブルを、素人の長男が解決していく過程で、父親の素性や腹違いの妹の存在を知る羽目に(>_<)。

守るために家族を欺き続けるという設定はよくありますが、こういう事態になった時、全く何も知らされていないというのも困るもんですね。知らなくても酷い目に遭うし。

結局一番最初に接触してきたモサドのリーダーに監禁されていた方が楽だったかも(^_^;)。

途中までは民間人にバレないように活動していたCIAも、後半投げやりなのか、人前で民間人を撃ち始めます(^_^;)。モサドも夜間とはいえ、大勢あの姿で街に繰り出したら相当目立ちますよね。

会社の倒産どうなるのかしら。息子も父譲りでCIAの素質がありそうですが。

everglaze
さん / 2017年12月11日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi