「一線を退いて静かに余生を楽しんでいた元ギャングのモモンは、かつての...」そして友よ、静かに死ね よねさんの映画レビュー(ネタバレ)

メニュー

そして友よ、静かに死ね

劇場公開日 2012年9月15日
全7件中、1件目を表示
  •  
映画レビューを書く

一線を退いて静かに余生を楽しんでいた元ギャングのモモンは、かつての... ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

一線を退いて静かに余生を楽しんでいた元ギャングのモモンは、かつてのギャング仲間セルジュが取引相手を裏切った後に逮捕されたと聞かされる。ロマ族出身であるために幼少の頃差別を受けていた自分を庇ってくれた親友セルジュとモモンは固い絆で結ばれていたがいつしか疎遠になっていた。モモンは苦悩の末セルジュの脱獄の片棒を担ぐが、杜撰過ぎた脱獄計画は多くの死傷者を出してしまう。セルジュの脱獄を知った組織、以前からモモン一味をマークしていた警察の追及からセルジュを懸命に守り戦うモモンだったが、次第にある真実に近づいていく。
邦題がネタバレに片足突っ込んでいる点に大いに問題があるものの、最近俄然秀作ノワールを量産しているフランスから出てきたハードボイルドな渋い一作。70’sノスタルジーが本作でも濃厚で、過去と現在を交互に描写する物語は非常にリリカルで美しく、さりげなく大量投入されているシトロエンDS、ポルシェ・カレラといった名車も眩しくてしょうがないです。

よね
さん / 2018年5月19日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi