白雪姫と鏡の女王のレビュー・感想・評価 (3)

白雪姫と鏡の女王

劇場公開日 2012年9月14日
46件中、41~46件目を表示 映画レビューを書く

ストーリーの詰めがほとんどない白雪姫。

一言、つまらなかったです…。
良かったこと:オープニングの人形劇仕立ての映像がすごく良かったです。       これ見れたのはよかったです。
       石岡さんの遺作となったようです。衣装デザインはさすがで       すね。どれもこれも綺麗でした。ファンタジーにはドンピシ       ャだと思います。
残念なこと:ジュリアロバーツがこの役引き受けたのが残念…。
      白雪姫の眉毛が太すぎ濃すぎで可憐さがなかった。
      モンスターとか呪いとか、もう少ししっかり描かれてほしかっ      た。キスだけで呪いが解けるなんて…。
しっかり大人の映画に昇華させたスノーホワイトとはうんでんの出来のさでした。残念!

peanuts
peanutsさん / 2012年9月22日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

太眉姫…イヤイヤ、白雪姫

白雪姫の物語を、「ザ・セル」「落下の王国」のターセムが映画化。
誰もが知っているおとぎ話が、独自の映像世界を作り続ける鬼才の手によってユニークに生まれ変わった。

今年は初夏に「スノーホワイト」も公開され、白雪姫がプチブーム。
作風は全く違い、あちらがアクション・アドベンチャーだったのに対して、こちらは絵本のようなカラフル・ファンタジー。
白雪姫が自分で運命を切り開く姿は同じで、現代の自立した女性像として描かれている。

印象に残ったのは…
・鏡の女王ジュリア・ロバーツ
(ジュリアがもうこういう役をやるようになったとは…)
・本作が遺作となった名デザイナー、石岡瑛子による豪華な衣装
(是非最期のオスカーノミネートを!)
・そして白雪姫リリー・コリンズの立派な眉毛…

近大
近大さん / 2012年9月14日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  笑える 楽しい 単純
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ジュリア・ロバーツが楽しんでる感がいい

正直ジュリア・ロバーツはそんなに好きではないけれど、
悪女役をユニークに演じていて楽しかった。
ストーリーもメリハリがあったし、王子様役も白雪姫も適役。
単純に楽しめてよかったと思う

デルフィニューム
デルフィニュームさん / 2012年9月9日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

7人のこびとさんが楽しい

カラフルな衣装と、こびとさんの出てくるシーンが楽しくて笑えます。
子供だましのような内容ですが、子どもと観られる感じでもないし・・・
自分のトシでは、母さんの方に感情移入してしまいました。

rock on
rock onさん / 2012年8月31日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  笑える 楽しい 単純
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

なかなかしっかりした演出で、最後には思わずホロリとさせられる演出も。

 予告編の出来が漫画チックでベタだったので殆ど期待せず、試写会へ行きました。ところが、なかなかしっかりした演出で、最後には思わずホロリとさせられる演出も。試写会終了後には大きな拍手に包まれたのも納得です。
 特にエンドロールが素晴らしくて、登場人物が一堂に集まり、インド映画のように踊って歌う賑やかなシーンで、締めくくったのでした

 また初の悪役をこなしたジュリア・ロバーツの女王役は、単なる悪役に留まらず、女王としての威厳と存在感を見せ付けて、お伽話のベタになりがちな本作をグッと引き締めていました。どんな役をこなしても凄い女優ですね。
 さらに、故石岡瑛子が手掛けた衣装も、極彩色の豪華絢爛さで、本作のファンタジックな世界観をもり立てていました。ファッションに関心のある方なら、出演者の衣装だけでも楽しめることでしょう。

 全体としては、コミカルなシーンが多くとても楽しめました。お伽話の原作ものでは、どちらかというとティム・バートン監督のようにキャラの造形をいじって独自の世界を作ろうとするのに比べて、本作は見かけ上では正統派のファンタジーを装いつつ、微妙にキャラクター設定を変えて、笑いを取ったのです。

 一番おかしかったのは、王子の登場シーン。白雪姫との出会いは、白馬にのって、姫を助けるという、野犬も怒りそうなワンパターンではありませんでした。なんと7人の小人たちの野盗団に襲撃されて、あっけなく身ぐるみ剥がされて、枝につるされるのです。それを、お城から初めて抜け出してきた白雪姫に見つけて助けられてしまうのです。これでは、あべこべですね。

 次におかしかったのは惚れ薬にかかった王子のシーンです。
 またこの王子の国が豊かだったことから、金づるとして目をつけた王女は何とか結婚に応じさせようと、あの手この手を使いますが、既に白雪姫を見染めていた王子は、頑なに拒絶します。王女は、魔女と取引して惚れ薬を王子に飲ませてしまいます。けれどもその惚れ薬は、何と子犬用だったのです。王子はまるで子犬のアリーになったように王女にペロリンとじゃれつく姿が何とも可笑しかったです。

 さらに途中から白雪姫の味方するようになった7人の小人たちもひとりひとりのキャラが個性的で笑いを誘われました。ちなみに小人たちがその後どうなったのかエンドロールで明かされますのでご注目を。

 それにしてもリリー・コリンズの白雪姫は、剣アクションにも果敢に挑戦するという行動派なのに、静かに佇む姿は清楚なお姫様そのもの。本作にぴったりの役作りでしたね。
さて、お約束の毒リンゴ。これは外せないでしょう。ちゃんとラストシーンに魔女の使いとなった老女から白雪姫に手渡させられます。さて白雪姫はどうなってしまうのか、ぜひ劇場でご覧ください。

流山の小地蔵
流山の小地蔵さん / 2012年8月18日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

軽いノリのおとぎ話

おもちゃ箱をひっくり返したような衣装に 登場人物、建物や風景は すっかりCG。 その軽さに見合った キャスティング(一人を除いて)。 ジュリアとリリー、ネイサンの演技力だけが 見どころ。 いや、7人の小人も なかなか良かったかもしれない。

王様である父が失踪、継母に育てられた純粋・無垢な白雪姫は かつてにぎやかだった国が 無残な姿に変わってしまったのを目撃する。 人々を助けたい白雪姫は ある計画を持って舞踏会に参加するのだが…と ストーリーは流れます。

白雪姫を演じた リリー・コリンズ。 まゆ毛~!イモト~!と叫びたくなる立派な眉と 大きな瞳。 最初は違和感ありますが、だんだん可愛く見えてきて 後半はエンジェル・スマイルにくらくらしてしまいます。 世間知らずのお姫様が たくましく成長するという部分は 原作とだいぶ異なりますが、リリーちゃんが終始 真剣に演じてくれるので そこも笑いを誘います。

継母・王女を演じた ジュリア・ロバーツ。 コメディの女王、健在! 独特の語りと 彼女にぴったりのセリフもたくさん組み込まれていて ジュリアの魅力が十分にアピールされていたと思います。 何より イヤなオバチャン(悪)役を引き受けるなんて カッコいい! 実は 衣装だけ見ると(別のお話で)ジュリア主演もいけそうな美しさです(衣装担当・石岡瑛子さんの力ですね。 ご冥福をお祈りいたします)。

アルコット王子を演じた アーミー・大根・ハマー。 完全に見た目だけで選んだと思うキャスティング。。。 笑いのセンスがない言い回しや 立ち振る舞い。 頑張っているんだけど、浮いてます。 ジュリアとのツー・ショットも リリーとの絡みも違和感あり。 と言うか(ハンサムなんだけど)カッコよく見えない、だから迫りたくならない。 アーミー、出直してきてちょうだい。。。

その他、執事・ブライトンを演じた ネイサン・レイン(『プロデューサーズ(2005)』と 召使のマーガレットを演じた メア・ウィニンガム(『マイブラザー(2009)』)が助演で活躍。 7人の小人を演じた俳優さんたち、実際の身長が120~130㎝らしく 白雪姫(リリー)を囲む姿が 可愛かったです。 ワイルド系で 何気にイケメンの顔ぶれ。 そして 演技派の7人です。 あと、後半に “ダンディなイケメン”も出演中!

もうすぐ 別バージョンの白雪姫(『スノーホワイト(2012)』)が公開になりますが、比べて観ないことに決めました。 ちょっと『シュレック・シリーズ』にも似てるかなと思える 軽いノリのおとぎ話の本作品。 リリーちゃんの可愛らしさと ジュリアのオバチャンぶりを楽しむ一本です。

P.S. エンドロール、なんで?と思ったら 撮ったのはターセム・シン監督でした(なるほどね)。 アーミー、最後まで ちゃんとやれ。。。

Blue
Blueさん / 2012年5月28日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

46件中、41~46件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi