星の旅人たち

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
星の旅人たち

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

俳優のほか「メン・アット・ワーク」「ボビー」などで監督としても活躍するエミリオ・エステベスが、実父マーティン・シーンを主演に迎え、息子を亡くした初老の男の聖地巡礼の旅を描いたヒューマンドラマ。アメリカ人の眼科医トムは、ひとり息子のダニエルが、スペイン北部ガリシア地方の聖地「サンディアゴ・デ・コンポーラ」を巡る旅の途上で不慮の死を遂げたとの報せを受ける。妻の死後、疎遠になっていた息子が何を思って聖地巡礼の旅に出たのかを知るため、トムは亡き息子の足跡をたどる。エステベスが息子ダニエルに扮し、「THE WAR 戦場の記憶」(1996)以来となるシーンとエステベスの親子役での共演が実現。

2010年製作/128分/PG12/アメリカ・スペイン合作
原題:The Way
配給:アルバトロス・フィルム

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7

(C)The Way Productions LLC 2010

映画レビュー

4.0巡礼してダイエットしようかな・・・

kossyさん
2018年12月13日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 遺灰を途中で撒きながら巡礼の旅を続けるトム。痩せる目的で旅するオランダ人のヨスト(ヨリック・ヴァン・ヴァーヘニンゲン)、DV夫と娘から逃げたカナダ人女性サラ(アンガー)、アイルランド出身のジャック(ジェームズ・ネスビット)と知り合い、4人で行動するようになる・・・

 『サン・ジャックへの道』でも同じサンティアゴ巡礼の旅が描かれていたが、こちらもなかなかの出来栄え。しかし、リュックを川に落としてしまったり、ジプシー少年に盗まれたりと、ピンチが訪れるところなんてのはアメリカ的脚本。4人が元々優しい人間であることがわかる点が弱いところかもしれない・・・それに、中年以上の登場人物ではあるが、恋愛感情とか裏切りみたいな部分が無いことも・・・

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy

3.0巡礼を題材とした映画

Blue.さん
2016年8月25日
iPhoneアプリから投稿

亡き息子を追うようにして、
巡礼に挑む父、トム。
果てない道のりの途中で巡り巡って出会う仲間達との巡礼が見所。
一人のはずが、二人、三人、四人と。。
怒りや哀しみがある分、優しさと温かさも生まれる。ぶつかり合うけど、支えあう。ひとりじゃできなかったことも複数ならやれる。そんなシーンに度々胸が疼く。
畑道を四人が横に一人ずつ歩くシーンが好き。
巡礼証書の名前を息子にしたのがトムらしかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Blue.

3.5まさに人生

2015年9月7日
iPhoneアプリから投稿

巡礼という日本人には馴染みのないもの

Wikipediaで検索して、言葉だけ見てもピンとこない

映画で体感する。
ヘレンケラーのウォーター!
、みたいにこれが巡礼か、と。

精神にも触れる。

キングダムオブヘブンという映画でキリスト教とイスラム教というもの、十字軍の遠征を感じれた。

このように体感する映画に出会いたい

ドキドキしたり、グッとこらえきれずに泣いたりとかする映画ではないけど、しっかり見応えのある作品。

ハッとさせられるセリフも多々ある

人生も、出会いと別れ。
一緒にいて、ぶつかって分かり合って、
友人になる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
スタッシェル

3.0旅は誰かのためにではないということ。人生もまた同じ。 巡礼の途中で...

2015年6月18日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

旅は誰かのためにではないということ。人生もまた同じ。

巡礼の途中で事故に遭い亡くなった息子。なぜ、巡礼に出たのかを知るべく父であるダニエルはリュックを背負い巡礼の旅に出る。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ユージン
すべての映画レビューを見る(全22件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る